すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
とびだせにひきのこぐま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

とびだせにひきのこぐま

  • 絵本
作・絵: 手島 圭三郎
出版社: 絵本塾出版 絵本塾出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,700 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年04月25日
ISBN: 9784904716861

A4 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


手島圭三郎さんインタビュー 

みどころ

木版画特有の力強い線と青い空もまぶしい鮮やかな色彩が印象的な『とびだせにひきのこぐま』。
北海道の大自然を舞台に、冬の厳しさや動物たちの緊張感あふれる生態を多く描く手島圭三郎さんですが、この作品はこぐまたちのはしゃぎまわる可愛らしさや母ぐまの眼差しなど、喜びと優しさに溢れた内容となっています。

それもそのはず、こぐまたちが生まれるのは冬ごもりの穴の中なんですね。
長く厳しい冬が終わり、春になり暖かくなってから初めて出て行く外の世界。
広い空と広い地面、はね回るうさぎやちょうちょ、そして最初に食べるたべもの“ふきのとう”。
どれもが初めて出会うものばかり。
その驚きと興奮、そして喜びを全身であらわすこぐまたちの様子に、いつの間にか読んでいる方にも感情が重なってくるのです。それはまるで人間の赤ちゃんが初めてはいはいをした時の興奮、好奇心の塊となって何でもかんでも口に入れてしまっている様子と同じなのかもしれません。いつも後ろから見守る母ぐまの幸せな目線に自分を重ね合わせてしまう方もいるのでしょうね。
春が訪れた自然を舞台に生き生きと走り回る動物たち、どこまでも広く青い空。
自然の情景の一場面を切り取ることで、見る者の様々な感情を呼びおこしてしまうのは、手島さんの絵の力に他なりません。何も構えることなく、無心でこの絵本の世界に入っていくことをおすすめします。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

とびだせにひきのこぐま

出版社からの紹介

くまの子どもは冬ごもりの穴で生まれます。長く厳しい北海道の冬の間、暖かく静かな穴の中で
大きくなり、春、暖かくなると穴から出てきます。こぐまは、自由に動ける広い世界がうれしくて
たまりません。きつね、しか、うさぎなど見るもの全てが初めてで面白くて、その動物たちのまねを
して遊びます。それを見守る、ははぐまもしあわせな気持ちでいっぱいです。

ベストレビュー

母親のあるべき姿

春の訪れと同時に、地上に出た熊の母子。
子供の熊たちは見るものすべてが珍しく、楽しそうに駆け回ります。
なんでも見て、真似て、覚えていく。それをじっと見守る母熊。
その姿は貫録があります。人間は、ついつい手出し口出ししてしまいますもんね。この絵本の中の母熊から、母親のあるべき姿を教えてもらった気がします。
(環菜さん 20代・ママ 男の子5歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


手島 圭三郎さんのその他の作品

きたきつねとしろふくろう たすけあう / はまなすのおかのきたきつね  /  しまふくろうとふゆのつき  / えぞふくろう ふぶきをのりこえる  / くまげらのもり / ひぐまのあき



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

とびだせにひきのこぐま

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット