貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
田んぼの昆虫たんけん隊
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

田んぼの昆虫たんけん隊

  • 絵本
文: 里中 遊歩
絵: 田代 哲也
出版社: 星の環会 星の環会の特集ページがあります!

在庫あり

物流センター移転に伴う配達遅延のお知らせ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年04月
ISBN: 9784892945144

読んであげるなら4歳から
一人で読むなら小学校低学年から
255×210mm 24ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

お父さんの田舎に遊びに来たつぐみと風太。
ところが、都市化が進みすっかり変わってしまった風景にがっかりします。
そこで3人は、昆虫を探しに「昆虫たんけん隊」を結成!子どもたちは
昆虫をたくさん見つけ、自然と生きものを大切にしようと心に決めます。

田んぼの昆虫たんけん隊

内容紹介

お父さんの田舎へ向かう風太とつぐみは、お父さんと田んぼの昆虫たんけん隊を結成。お父さんが子どもの頃に遊んだ田んぼに行ったたんけん隊だが、ちょっと様子が違う。今は少しの田んぼが残っているだけに…。

ベストレビュー

息子はすごく食いついていました

文章は長いですが、昆虫好きの息子は真剣に聞いていました。
息子にとって、田んぼの中の虫はDVDで見ている憧れの存在。
図鑑でタガメやミズカマキリ、ゲンゴロウなどを知ってはいるけれど、実際に見たことがあるのはアメンボだけ。
私の田舎も昔は田んぼだらけだったのにな〜。
探検隊を結成して探しに行こうかな。という気持ちになりました。
動物と自然を愛する模範解答のようなやり取りが、子どもの絵本としてよかったです。
(みっとーさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    コンビニのおでんを見て思いついた楽しい知育絵本。おでんしゃ、出発しまーす!



『てるちゃんと ようかいさんの おはなし』もへろんさんインタビュー

田んぼの昆虫たんけん隊

みんなの声(6人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット