ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
くぎになったソロモン <新訳>
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くぎになったソロモン <新訳>

  • 絵本
作: ウィリアム・スタイグ
訳: おがわ えつこ
出版社: らんか社 らんか社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「くぎになったソロモン <新訳>」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年04月
ISBN: 9784883301782

28×22cm 32P

出版社からの紹介

ウサギのソロモンは、自由自在にくぎになる能力を手に入れます。ある日、ソロモンはくぎの姿の
まま、天敵のネコに捕まって閉じ込められてしまいます。この絶対絶命の大ピンチ、ソロモンは
どう切り抜けるのでしょうか?

1989年に発行した初版を、現代にふさわしい訳文に改めた新訳版。

ベストレビュー

面白い!

ある日突然くぎに変身できるようになったことに気付いたうさぎのソロモン。
始めは家族を驚かせたりと楽しんでいたのだけど
命の危険にさらされることになります。
スタイグ氏の作品は『ロバのシルベスター〜』や『ものいうほね』とか奇想天外のお話が多いですね。
絵本のお話と言ってもちょっと長い。
けれど子どもの気持ちをつかんで離さない展開が良いですね。
このソロモンのお話はロバのシルベスターのお話にちょっと似ているかなと思ったけど
シルベスターよりは文章の言い回しが簡単で
面白いし、ハラハラドキドキの場面もあって
読み聞かせに良さそうだと思いました。
これは≪新訳≫ということですが≪旧訳≫も読んで比べて見たいなあと思いました。
(さえら♪さん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ウィリアム・スタイグさんのその他の作品

馬車でおつかいに / ロバのシルベスターとまほうの小石 / きいろとピンク 新装版 / みんなぼうしをかぶってた / ピッツァぼうや / おとなってじぶんでばっかりハンドルをにぎってる

おがわ えつこさんのその他の作品

ゆうかんなちびのお針子 / 私が学校に行かなかったあの年 / ケイトと豆のつる / ゆうかんなアイリーン / みにくいシュレック / ザバジャバ ジャングル



『へんてこレストラン』 <br>古内ヨシさん 竹内通雅さんインタビュー

くぎになったソロモン <新訳>

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット