しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
セロ弾きのゴーシュ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

セロ弾きのゴーシュ

原作: 宮沢 賢治
影絵: 藤城 清治
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,286 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年04月17日
ISBN: 9784062173421

7歳から
A4判 55ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

セロがうまく弾けないゴーシュの家に、ある晩、猫が演奏を頼みにきてからというもの、毎晩動物たちがやってきて……。藤城清治の影絵絵本。

◆担当者からのメッセージ
藤城清治氏のライフワークのひとつでもある、宮沢賢治作品。ロングセラーをほこる絵本『銀河鉄道の夜』につづき、遂に『セロ弾きのゴーシュ』が完成しました。この絵本のために約30枚におよぶ影絵を仕上げた藤城氏ですが、今回また新たなテクニックを見出すなど、常に進化し続ける姿勢には感服するばかりです。4月に米寿を迎えられた現在も各地で原画展を開催し、意欲的に創作活動をつづける藤城氏の、最新の芸術がこの一冊に込められています。どうぞご一読ください。(J)

セロ弾きのゴーシュ

ベストレビュー

変わった先生

このお話の主人公のセロ弾きのゴーシュはあまりセロを弾くのがうまくなかったのですが、毎夜毎夜変わった動物の客人が来て、セロを弾いて行くうちにうまくなって行きました。うちの子はこのお話が終わった時に、「動物が先生だね!変わった先生だ!」って言っていました。確かにそんな感じがして面白かったです。
(イカリサンカクさん 20代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

藤城 清治さんのその他の作品

ブーちゃん / アッシジの聖フランシスコ / 藤城清治の旅する影絵 日本 / 光の祈り / 画本 風の又三郎 / 絵本 マボロシの鳥

宮沢 賢治さんのその他の作品

雨ニモマケズ / フランドン農学校の豚 / 雨ニモマケズ / 宮沢賢治の絵本 ひのきとひなげし / 宮沢賢治の絵本 カイロ団長 / ますむらひろし版 宮沢賢治童話集「やまなし/ひかりの素足」



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

セロ弾きのゴーシュ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット