だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
ひかるさくら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひかるさくら

  • 絵本
作: 帚木 蓬生
絵: 小泉 るみ子
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年03月31日
ISBN: 9784265081097

5才向け
A4変型判 
27.7×21.7cm

出版社からの紹介

薬売りの彦一は、山道で出会った病人に薬を分け与えてやった。やがて日は暮れ、
山中で休むことにした彦一。ふと目覚めると、不思議なことに辺りがぼんやりとひかっていた。

ベストレビュー

彦一の見たものは

心優しい薬売りの彦一がいつもと違う夜道を変える途中に、具合を悪くしてうずくまる老人に会い、女性に会い、子どもに会います。
そのたびに、迷うことなく売り物の薬を差し出すのです。
そして目にした光る桜。
目覚めれば祠の中で眠っていた彦一。
そばに三体の地蔵様が立っていたので、彦一が出会ったのは地蔵様たちだったと思えるのですが、光夜桜、自分も照らす不思議な花びらと、桜の持つどこか不可思議な世界に迷い込んでしまったようなお話です。
何が起こったわけではなく、きつねに馬鹿されたような不思議さ。
余韻だけがとても奥深く、おぼろげで、夜桜のもつ妖しさと少しの不気味さを感じた作品。
絵本にしてはとても文学的で、小説のような文字の間のひだを感じさせる作品。
どこか幻想的で妖しげな世界です。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

帚木 蓬生さんのその他の作品

むらさき色の滝 / ソルハ

小泉 るみ子さんのその他の作品

なきむしにかんぱい! / みてろよ!父ちゃん!! / あまのじゃくにかんぱい! / まぼろし写真館 / 森の本やさん / ないしょにかんぱい!



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

ひかるさくら

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット