となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
りんごぼうや
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

りんごぼうや

  • 絵本
文・絵: ディック・ブルーナ
訳: まつおか きょうこ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年04月05日
ISBN: 9784834027181

2才から
17×17cm 28ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ぼくには羽も足もないから、どこにも行けないよ、と悲しむりんごぼうや。
可哀想に思った風見鶏は、みんなが寝静まった夜中、りんごを背に乗せ空高く冒険へ連れ出します。

ベストレビュー

私がちょっと反省・・・

ブルーナの絵本は全てうさこちゃんと勘違いしているらしき
2歳の娘。
図書館から借りてきて、がっかりするかなと思ったけれど、
ブルーナ独特の原色の色使いと、
大好きなりんごが出てきて、
割と楽しめたようでした。

いつも動けず他の景色を見れないりんごぼうやが、
日が暮れた後にかざみどりの背中に乗って、
見たことのない景色を見に行く物語。

そういえば考えたことなかったけど、
動物は動けても、
植物は動けない。

大人が自由にいろいろできるのと、
子供がやりたいことをなかなかうまくできないのと、
なんだか似ているなと思いました。

いつも忙しい時にかぎって、
「ねぇ〜このヒモ、むすんで。」とか、
「ねぇ〜、ここ、セロテープで、とめて。」とか、
私から見たらどうでもいいことを頼んでくる娘、
ちょっとめんどくさいなぁと思うのが日常ですが、
ここは私もかざみどりを見習って、
娘目線で、できるだけ対応してあげようと
反省されられました。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子7歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

ディック・ブルーナさんのその他の作品

ブルーナの絵本 すぽーつのほん / ブルーナの絵本 ろってちゃん / どうぶつ / 子どもがはじめてであう絵本 0才から なまえ(全3冊) / うさこちゃんのたんじょうび 60周年記念特別版 【特別付録メッセージカード&シール付き】 / miffy Notepad Red

まつおか きょうこさんのその他の作品

はる なつ あき ふゆ / あか き あお みどり / うたこさんの絵本セット(全3冊) / おおきくなったらなにになる? / どうしてないているの? / だれのなきごえかな?



好評につき第2弾!23人の絵本作家からの手紙

りんごぼうや

みんなの声(5人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット