1歳のえほん百科 1歳のえほん百科 1歳のえほん百科の試し読みができます!
監修: 榊原洋一  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
シリーズ累計220万部の「年齢別えほん百科」を全面改訂版。1歳児の発育にぴったり!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
なにがみえる?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

なにがみえる?

  • 絵本
文: 中村 牧江
絵: 林 健造
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「なにがみえる?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年06月
ISBN: 9784893258878

3、4歳から
21×21cm 24頁

出版社からの紹介

〈グラフィックな視覚遊びの絵本〉

見開きごとに描かれた、単純な色のついた不思議な模様。
ところが、本を持ち上げて、ある方向から見ると…何かが見える!

見えるのは、ランドセルを背負った小学生や、パレード、
サッカーをする親子などのシルエット。繰り返し楽しむうちに、
シンプルなシルエットからさまざまな表情や動作、会話までも感じられてきます。
グラフィックデザイナーとして活躍する作者ならではの、
視覚のおもしろさにあふれた絵本です。

絵本をぐるりと回して、いろいろな方向から見てみよう。

既刊の『どれどれどこどこ』も好評発売中。

なにがみえる?

内容紹介

見開きごとに描かれた、単純な色のついた不思議な模様。本を持ち上げて、ある方向から見ると、何かが見える…。グラフィックデザイナーとして活躍する作者ならではの、視覚のおもしろさにあふれた絵本。

ベストレビュー

持ち上げていろいろ動かしてみないと…。

小さな子どもたちのお話会や、高齢者の方々のサロンのお話会で使えないかな〜と思って探してきましたが、この絵本は大勢いるところでの参加型絵本として使うには、ちょっと難しそうでした。
想像力が豊かで目のいい小学生くらいのお子さんたちが、仲間と一緒に見るのが一番楽しいと思います。

いろんな方向に間延びした形になっているので、元々何が描かれているのか、よ〜く見て考えないとわかりません。
結構難しかったです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子12歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中村 牧江さんのその他の作品

ちかくにいるのだあれ / ちがうのだあれ / ふしぎなナイフ



遊びながら芸術に親しむ!タメになる探しもの絵本

なにがみえる?

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット