十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
でも、わすれないよベンジャミン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

でも、わすれないよベンジャミン

  • 絵本
作: エルフィ・ネイセン
絵: エリーネ・ファン・リンデンハウゼン
訳: 野坂 悦子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「でも、わすれないよベンジャミン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年04月26日
ISBN: 9784062830614

4さいから
23cm 25ページ

出版社からの紹介

ロビンには弟ができました。名前はベンジャミン。
とてもかわいくて、「大きくなったらサッカーをしようね」と話しかけます。
でも、ベンジャミンは重い病気で、間もなく亡くなってしまいました。
パパはおこりっぽくなり、ママは泣いてばかり。家はいつもちらかっています。
「ベンジャミンは星になったのよ」というママの言葉に、ロビンははしごで上ろうとか、
ロケットで行こうなどと考えますが、大人たちは取り合ってくれません。
学校の先生や、親戚のおばさんが、ロビンの気持ちを聞いてくれました。
やがて、おばさんから、ママに赤ちゃんができたことを知らされます――。
悲しいけれど、亡くなった子は家族の心のなかに生き、そして命は受け継がれる、
ということを感じる、家族の再生の物語。
--------------------------------------------------------------------------------

・訳者/野坂悦子さんからのメッセージ

『でも、わすれないよ ペンジャミン』は、赤ちゃんの弟を亡くしたロビンの物語です。
「死」を描いたオランダ語の絵本はこれまでにも訳してきましたが、
ロビンの気持ちをうまく受け止めることができない両親の姿に、この本ならではのリアリティを感じました。
両親にまた笑ってもらいたいと願うロビンは、まわりの人たちに支えられ、命と命のつながりに気づき、
次第に悲しみを乗り越えていきます。そんな心の動きを日本の皆さんを届けるために、
著者の了解を得て、訳文やレイアウト面で細やかな工夫を重ねました。
透き通った青と暖かな赤が印象的なこの絵本を訳し、世に送り出すことで、
大きな悲しみを少しでも分かち合うことができればと願っています。

ベストレビュー

おにいちゃんになった思い

自分に弟ができたら、急にお兄ちゃんとしての自覚が出てきたロビン。
その弟のベンジャミンは、赤ちゃんのまま死んでしまいました。
ロビンの悲しみと、弟に寄せる思い、両親に対する思いやりがとても繊細に描かれています。
悲しみに打ちひしがれた家族。
家族に笑顔が戻ってきたのは、妹が生まれたから。
でも、忘れないよベンジャミン。
ロビンのお兄ちゃんとしての自覚に心打たれました。

(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エルフィ・ネイセンさんのその他の作品

ローラのすてきな耳

野坂 悦子さんのその他の作品

シラユキさんとあみあみモンスター / すききらいとんでいけ!もぐもぐマシーン / ちいさな かいじゅう モッタ / カワと7にんのむすこたち クルドのおはなし / おしえて、レンブラントさん / だって、だって、だって 〜ぼくは ニコデム〜



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

でも、わすれないよベンジャミン

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット