くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
もうふのなかのダニィたち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もうふのなかのダニィたち

  • 絵本
作: ベアトリーチェ・アレマーニャ
訳: いしづ ちひろ
出版社: ファイドン

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥980 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年03月
ISBN: 9784902593976

ハードカバー 21.8 x 17.6cm 46ページ

出版社からの紹介

もうふに住んでいるふとっちょダニィは自分の誕生日に仲間を招待。お互いに会うのはみんな初めてなので、びっくりの連続
作者のベアトリーチェ・アレマーニャは、8歳のとき初めて絵本を制作し、以来20冊の児童書を出版。鉛筆や絵の具をはじめ、布や毛糸を用いたコラージュや刺繍など、さまざまな手法を取り入れた独特のイラストと想像力豊かな物語が見事に融合している
子どもが一人で楽しむことができ、読み聞かせにも最適な1冊

ベストレビュー

それもひとつの偏見!?

このお話のテーマは、『見かけにこだわってはいけない』。
自分とは正反対の やせっぽちダニィに軽い反感を覚える ふとっちょダニィ。
その場に居合わせた様々なダニィの見かけについての疑問が一周し、自分のところに戻ってきたとき、見かけにこだわることの恥ずかしさに、ふとっちょダニィが気づくというお話です。
相手を傷つけるような感じではなく、素直に疑問をぶつけあい、ハッと気づかせる感じが、すごく自然で良かったです。
絵も、毛糸で作られていて、おしゃれで可愛いです。

でも……。
なんでダニなの!?って思いました。
毛布の中のダニ…、考えるだけで、なんだかむず痒くなってきます。
他のキャラの方が、抵抗なく楽しむことができるのに!って思いました。
それもひとつの偏見だというメッセージとして、敢えてダニなのでしょうか…。
このキャラ、かなり深い…のかも?
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 透明くれよん10色
    透明くれよん10色
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★スルスル描ける新感覚クレヨン★     水彩えのぐみたいに下絵が透けて見える!

ベアトリーチェ・アレマーニャさんのその他の作品

こどもってね…… / カール・イブー / ガラスのジゼル

いしづ ちひろさんのその他の作品

ぎゅ〜っ! / ばあ〜っ! / しあわせいっぱい赤ちゃん絵本に〜っこりセット / ぷっぷっぷ〜 / いっぽんの木のそばで / キリンのセラフィナ



【連載】木村カエラはじめての絵本出版記念連載B

もうふのなかのダニィたち

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット