だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
もののしくみ大図鑑
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もののしくみ大図鑑

文: ジョエル・ルボーム クレマン・ルボーム
監修: 村上 雅人
出版社: 世界文化社

本体価格: ¥2,300 +税

「もののしくみ大図鑑」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年10月18日
ISBN: 9784418118076

小学生(9歳から)
A4変型判  27.2×21.2cm
160ページ

出版社からの紹介

未来を背負うお子様(9歳から)に、家族で楽しむご家庭に、ぜひお持ちいただきたい1冊。
250項目もの最先端の工業製品のもののしくみがわかる、知識が満載のイラスト絵本です。
「普段私たちの知らない、もののしくみをその基本と原理から解説」。
「もののしくみに興味をもつ子供たちの育成は、将来、地球にとって役にたつこと」でもあります。
ものの中を探検するような気持ちで読み進めていくうちに、知らず知らずにもののしくみの知識が
身についていきます。

【担当編集者からオススメの一言】
どうやって動くの?さまざまな工業製品などの こんな疑問を解決してくれる、9歳からの子供向けの絵本です。
家で使う電化製品から、遊びの道具、のりものから道路や空港などのシステムまで、約250項目の最先端のもののしくみがわかります。
内部の構造などが一目でわかる簡潔なイラストで展開。 理科系のことに興味のなかった大人もひきつけられる内容です。
お子様やお孫さんの素朴な疑問に答えたいときなどに、ご家族で一緒に楽しみながらお使いいただける一冊です。

もののしくみ大図鑑

ベストレビュー

見ればすべてが納得です。

家庭や街中で目にする様々な機械の仕組みが、
子どもにもわかりやすく図解されています。

「家の中」では、鍵、テレビ、電球、掃除機など、
「町」では、消防車、消防士、エスカレーター、エレベーター、建設機械など、
「遊びと自然」では、ロープウェイ、リフト、水耕栽培なんてのも。
「乗り物」は、マウンテンバイク、車、飛行機などなど、全部で250項目もあるんだそうです。

もちろん息子は乗り物のページに釘づけ。
自動車では、パワステの仕組みや直列4気筒エンジンの仕組み、
飛行機では、ターボジェットエンジンの仕組み
自転車では、ギアとクランクについての図解に見入っていました。
なぜハンドルを切るとタイヤが動くのか、
なぜギアを変えると速度が変わるのか。
わかるようでいてうまく説明できないものが、
すべてわかりやすく図解されています!
百聞は一見に如かず。
見ればすべてが納得です。

9歳からとありますが、
好きなもの、興味のあるものであれば、
5歳児でもいけます。
そして大人も勉強になる。
長く楽しめそうな1冊です。
(Tamiさん 40代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

もののしくみ大図鑑

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット