かさちゃんです。 かさちゃんです。
作・絵: とよた かずひこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
雨の日のおでかけも楽しくなるよ!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
紙芝居 ゆたんぽくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 ゆたんぽくん

絵: 山本 祐司
脚本: おおたか 蓮
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「紙芝居 ゆたんぽくん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年02月01日
ISBN: 9784494091287

3歳〜
B4判 26.5×38.2cm
頁数:8場面

出版社からの紹介

「ぶるぶる はっくしょん」寒くて目をさましたのは、ゆたんぽくんです。
「とくとくとく」やかんからあついお湯を入れて、ポカポカになりました。
さあ、お仕事です。ゆたんぽくんのお仕事は、なにかな? そう、みんなをあたためてあげることですね。
おや、寒くてカチンカチンになっているひとがいますよ。
「カチンカチンさん、ぼくがぬくぬくあたためてあげますよ」「きゃー、やめてください」だって。
いったいだれでしょう。

ベストレビュー

湯たんぽは昔も今も冬大事なアイテム

この紙芝居はなかなか温かくなりそうで良いですよ〜。
山本祐司さんの描く“ゆたんぽ”も個性的でかわいかったです。

幼児向けに作られている8場面の作品です。
今の子どもたちは湯たんぽって普通に使うのかな。


このお話の湯たんぽ君は昔ながらのアルミタイプのようですが、我が家ではここ最近スーパーなどで見かけるプラスチック製の湯たんぽを使っています。

寒い冬、ぜひこの紙芝居を小さなお子さんたちに読んで、温かい湯たんぽを使ってみてほしいです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

おおたか 蓮さんのその他の作品

紙芝居 おばけのゆきがっせん / ぼく、まだねむくないよ

山本 祐司さんのその他の作品

ぼくとお父さん / きせつの ぎょうじえほん / すやすや ぷー / 紙芝居 さよなら おめでとう / 紙芝居 これなになに? / 紙芝居 まってるのだあれ



『ドームがたり』読み聞かせレポート

紙芝居 ゆたんぽくん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット