貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
犬たちがくれた音 聴導犬誕生物語
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

犬たちがくれた音 聴導犬誕生物語

写真: MAYUMI
著: 高橋 うらら
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年12月
ISBN: 9784323060835

高学年

出版社からの紹介

1頭でも多く優秀な聴導犬が誕生してほしい、人にも動物にも優しい社会に…。そう願って聴導犬を育てる活動をしている人々と、その愛にこたえ幸せをくれる犬たちの物語。

ベストレビュー

「聴導犬」って知ってますか?

皆さんは「聴導犬」って知ってますが?
耳の不自由な方々の生活をサポートしてくれる訓練を受けて試験に合格した犬たちのことです
「盲導犬」に比べると日本ではまだまだ歴史が浅く数も少ないと言われています
この本は作者が、「聴導犬」の普及に全力で携わる方々に、インタビューをして、わかりやすくまとめられたものです
こうした活動は、日本の国が決めていることでなく、ボランティアや寄付に支えられていることも知りました

本の中には「本当の福祉とは、誰もが対等の立場で、たがいに協力することなんだ」とありました
悲しいかな日本では福祉は後進国と言わざるを得ません

聴導犬普及の活動を続けて行くことはとても困難なことの繰り返しのようです
それでも「おかげで幸せになりました」という言葉を頂ける仕事はほかにはないと、言い切る代表の方の言葉が印象に残りました

読みやすい文章とところどころに聴導犬や携わる方々の写真が入っています
小学校高学年から大人の方へお勧めです
(風の秋桜さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はなびのひ
    はなびのひ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    江戸の町並みと大輪の花火が夏の風情を感じさせる、たしろちさと初の和風絵本

高橋 うららさんのその他の作品

夜やってくる動物のお医者さん / 集英社みらい文庫 動物たちからのプレゼント さよなら、ハムハム! / 集英社みらい文庫 動物たちからのプレゼント 命をありがとう! 動物園ものがたり / 集英社みらい文庫 犬たちからのプレゼント / フォア文庫 犬たちがくれた音 / ホッキョクグマの赤ちゃんを育てる!



楽しく読んで楽しく知れる、新発想の忍者図鑑絵本

犬たちがくれた音 聴導犬誕生物語

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット