だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
うしろの正面だあれ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うしろの正面だあれ

作: 海老名香葉子
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

ベストレビュー

思い出が楽しければ楽しいほど

ご存じ林家一門のおかみさん海老名香葉子さんのエッセイです
作者ご本人の幼少の思い出を中心に、東京大空襲で「戦災孤児」となって強く生きて行こうと進んでいく・・・

最初はまるでサザエさんを思わせるような大家族の楽しい活気に満ちあふれた生活感を、文面いっぱいに感じます
33の細かい段落で分けられて、そのうちラストの6分の1位が、最も悲しい「大空襲」の体験でした

いつもなら先がどうなるのか知りたくて、ページをめくる手も早くなのですが、このエッセイで私は初めて手が止まる経験をしました
前半の幼少頃の思い出が楽しければ楽しいほど、ページを進めるのが怖くなるのです・・・・
結末を知っているから・・・なのでしょうか

疎開先へ送るときに、戦場での父子の別れを歌った『桜井の訣別』をお父さんが歌うのは胸に迫るものがあります

「うしろの正面だあれ・・・?」と振り向いたとき、迎えに来た母の姿がもう見ることが出来ないとわかっているから・・・

そうなんだ・・・3月9日の「時忘れじの集い」で「67年たっても、母がどこかにいるように思えるんです・・」というご本人の言葉が重なり合いました・・・
どんなに元気で活発な姿であっても、こんなに長い間心に疼き続けていることをこのエッセイを通して感じます
だから、どこまで行っても「平和」を願うのです

小学校高学年以上なら読めると思います
ぜひ大人の方も読んでください
(風の秋桜さん 40代・その他の方 )

出版社おすすめ


海老名香葉子さんのその他の作品

子供の世話になって死んでいきます / ネーネ。 / 半分のさつまいも / さくらいろのハンカチ / あした天気になあれ / ことしの牡丹はよい牡丹



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

うしろの正面だあれ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット