1歳のえほん百科 1歳のえほん百科 1歳のえほん百科の試し読みができます!
監修: 榊原洋一  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
シリーズ累計220万部の「年齢別えほん百科」を全面改訂版。1歳児の発育にぴったり!
クリスマスのおすすめ続々更新中♪ 『絵本ナビのクリスマス2017』 がオープンしました♪
(デジタル)栗林慧の世界
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

(デジタル)栗林慧の世界

写真: 栗林 慧
出版社: NEXTBOOK NEXTBOOKの特集ページがあります!

ipad: 有料

「(デジタル)栗林慧の世界」

この作品が含まれるテーマ

みどころ

本物?!と一瞬目を疑ってしまう、怪獣みたいな迫力の昆虫たち。

「超深度接写」という言葉をご存知ですか?
写真家 栗林慧さんが開発した超深度接写の技術は、接写なのに背景がぼけない、
つまり1枚の写真の中に、昆虫も、昆虫が見ているだろう風景も、同じ鮮明さで写しとっているのです。
まるで自分がアリになって地上を見ているような感覚を味わえる、驚異の世界。
そんな栗林慧さんの写真集が、デジタルで登場です!

拡大して、見たいところをじっくり見れたり、BGMを選択してスライドショーを楽しめるのもデジタルならでは。
画面をタップすると被写体のデータ(科目・サイズや出現時期、食べるものなど)と解説がウィンドウが表示されます。
この栗原慧さんの解説が、とても面白い!
それぞれの写真について、撮影時のエピソードや工夫した点など興味深い話が満載で、写真が倍楽しめます。

光速ストロボ撮影の、カエルの顔に雨粒があたった瞬間や、ヘッピリムシのガス噴射の瞬間、
超深度接写撮影の、トンボの羽から透ける日本の夏の風景・・・

昆虫大好きな子どもも大人も。
独自の技術で小さな世界を大胆に写しとる栗林慧さんの世界をipadでぜひ体験してみてください!

(絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

生物生態写真の世界的権威、栗林慧の集大成的デジタル写真集がついに登場!

40年間にわたり撮り続けてきた珠玉の生態写真から代表作約200点をピックアップ。
全ての写真に栗林慧の解説文章があり、読み応えもたっぷり。

【内容】
第1章 視点 -超深度接写カメラが見た世界-
第2章 瞬間 -高速ストロボが切り取った時間-
第3章 飛翔 -レンズがとらえた躍動美-
第4章 生態 -ミクロの世界に忍び込んだレンズ-

【機能】
・収録写真は全てピンチで拡大可能。細部を詳細に見ることができます。
・スライドサムネールにより、すぐに目的の写真にアクセス可能。
・3種類のネイチャーサウンドをバックにスライドショー再生。
・iTunesライブラリの好みの曲をBGMにスライドショー再生も可能。
・収録生物が一覧できる索引も完備。


栗林慧(くりばやしさとし)
1939年中国大陸で生まれる。自衛隊員、保険会社社員の傍ら専門学校にて写真技術を学ぶ。1969年よりフリーの写真家となる。1977年に長崎県北松浦郡田平町(現・平戸市)に移り住み、昆虫を中心とした生態写真の撮影を精力的に行う。独自の工夫による昆虫スナップカメラを開発し、アリ等の小型昆虫の接写技術を確立。その後もセンサーを利用した撮影システムや、5万分の1秒の高速ストロボ、超被写界深度接写カメラなどを次々に開発、唯一無二の生態写真を40年以上にわたり撮影し続けてきた。1978年日本写真協会新人賞、1979年伊奈信男賞を受賞。2006年には科学写真のノーベル賞とも言われるレナート・ニルソン賞、2008年には紫綬褒章も受賞。

(デジタル)栗林慧の世界

(デジタル)栗林慧の世界

(デジタル)栗林慧の世界

(デジタル)栗林慧の世界

(デジタル)栗林慧の世界

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

栗林 慧さんのその他の作品

アリのたんけん / 紙芝居 かおかお だあれ? / 紙芝居 ぼくは クワガタ。 / 紙芝居 トンボさんのぐるぐるレポート / 紙芝居 くさむらのおうさま カマキリ / 紙芝居 とべとべ ブーン!



大切なたからものを、王さまと一緒に探してください

(デジタル)栗林慧の世界

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット