まるまるまるのほん まるまるまるのほん まるまるまるのほんの試し読みができます!
作・絵: エルヴェ・テュレ 訳: 谷川 俊太郎  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「きいろいまるを おして つぎへ いこう」言葉に導かれて、ページをめくっていくと・・・? フランス発・ポップな色づかいがオシャレな絵本です。
なーお00さん 30代・その他の方

大人でも楽しい!
こんな絵本、見たことない! 大人の私…
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
サースキの笛がきこえる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

サースキの笛がきこえる

  • 児童書
作: エロイーズ・マッグロウ
絵: 丹地陽子
訳: 斎藤 倫子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,700 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年06月
ISBN: 9784037268602

小学5・6年生から
20cm×14cm 398ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

欧州の〈妖精のとりかえ子伝承〉を元に紡ぎ出された物語。妖精世界を追放され、人の子として育つサースキ。
皆とちがう自分に苦しむが、やがて道をみつけていく。ニューベリー賞オナー作品。

ベストレビュー

自分の居場所探し

アイルランドやイギリスなどに古くから伝わる「妖精」の物語や伝承に興味のあるお子さんにはぜひともお薦めの1冊です!!

読み聞かせ等が盛んな学校なら高学年くらいで
『たまごのカラの酒つくり』や『妖精の丘が燃えている』(アイルランドの昔話)、『妖精のぬりぐすり』(イギリスの昔話)、他にも邦訳者の斉藤さんが後書きで紹介している妖精の登場する物語がたくさんあるので、
このアイルランドやイギリス特有の妖精の物語を聞いたことがある。見たことがあるというお子さんもいるかもしれません。

この物語の主人公、サースキは本当は妖精と人間との間にできた子で、初めは妖精の国で暮らしていましたが、妖精としての力が半人前だったために国を追われ、
“とりかえっこ”として人間の子どもにされてしまいます。

もちろん、人間としての暮らしもサースキにとっては「自分がいるべき場所」と感じられなくて当然です。
邦訳者によると、作者はそこを狙ってこの物語を描いたのだろうといってます。

「ふつうとちがう」「ほかの人と違う」からいじめられる。
人間社会ではわりとよくあることではないでしょうか?
サースキも数少ないほんとうの味方に出会い。自分のするべきことを考え、最後には自分のいるべき場所を探して旅立っていきます。
物語としてはとても完成されていて、読み始めるとスーッとその世界に入り込んで読むことができました。

2012年に刊行された本ですが、この夏小学校の高学年くらいから、中学生・高校生のお子さんたちにお薦めします。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子19歳、女の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


丹地陽子さんのその他の作品

あの花火は消えない / ポプラ世界名作童話(3) 小公女 / ジゼル クラシックバレエおひめさま物語 / 迷宮ヶ丘 八丁目 風を一ダース / ずっと空を見ていた / マジックアウト(3) レヴォルーション

斎藤 倫子さんのその他の作品

ダーウィンと旅して / ソフィー・スコットの南極日記 / モグ そらをとぶ / モグといたずらぎつね / わすれんぼうのねこモグ / 赤いカヌーにのって



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

サースキの笛がきこえる

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット