となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
【フェア開催中!】みんなおめでとう!入園、入学、進級の季節がやってきました♪
にんぎょひめ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

にんぎょひめ

  • 絵本
原作: アンデルセン
文・絵: いもと ようこ
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り4

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年06月08日
ISBN: 9784323036137

幼児から
28.6×22.5cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

人間の王子様を好きになってしまった人魚姫。嵐で遭難した王子を助けた姫は、声とひきかえに足を手に入れ、ついに人間として王子様のそばへ行く願いがかなうのです。ところが、声のない姫は王子を助けたことも好きなことも伝えられません。とうとう王子様は、勘違いをしたまま他の人と結婚をすることになってしまい・・・。
アンデルセンの永遠の名作「にんぎょひめ」。子どもの頃に読めば少し怖くもあり、大人になってから読めば切なさに心を震わされてしまうこの物語。多くの作家の創作欲を掻き立てられるのでしょう、数々の絵本が発表されています。同じお話でも、それぞれの雰囲気や解釈、表現を味わえるのも名作絵本の楽しみ方の大きな一つでしょう。

その「にんぎょひめ」が、小さな子どもたちから大人まで絶大なる人気を誇る絵本作家いもとようこさんによって手がけられました。
「大人になっても忘れたくない いもとようこ世界名作絵本」シリーズの新作です。
原作の持つ悲しさや切なさといった感情はそのままに、わかりやすくシンプルに語られる文章は子どもたちの心の中にも自然とストーリーが入り込んでいくのではないでしょうか。更に美しい海と地上で繰り広げられる悲しい出来事などが、いもとさんならではの優しい色使いで描かれています。
そして、なんといっても人魚姫のまだ小さくて可憐でひたむきな表情、一大決心をして王子のもとへ向かい自らの運命を自らで決めた時の佇まいなどの表現。人魚姫自らは何も語らなくとも、愛することの喜びや切なさ、そして悲しみを全編から感じ取ることができます。
子どもたちの心にいつまでも残る物語として、じっくりと人魚姫を味わうにはぴったりの1冊です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

にんぎょひめ

出版社からの紹介

人間の王子様をすきになった人魚姫。嵐で遭難した王子を助けた姫は声とひきかえに足を手に
入れますが、王子を助けたことも好きなことも伝えられません。王子の命とひきかえに人魚に
戻ることもできましたが、姫は愛する喜びとともに海の泡と消えていくのでした。

ベストレビュー

悲しい恋物語

お馴染みのアンデルセンの「にんぎょひめ」です。王子様と結ばれなかったのがとても切なくてかわいそうです。にんぎょひめは、王子様を愛したことに後悔はなく満足できても不憫に思いました。いもとようこさんのあたたかいわかりやすい文と絵にとても切なさが残りました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

アンデルセンさんのその他の作品

すずのへいたいさん / はだかのおうさま / (デジタル)ナイチンゲール / (デジタル)アルク監修英語版おやゆびひめ / (デジタル)マッチうりのしょうじょ / (デジタル)おやゆびひめ

いもと ようこさんのその他の作品

ラプンツェル / 3びきのこねこ / ピノキオ / きつねのがっこう / てんこうせいはつばめくん / ながぐつをはいたねこ



「ひらこう! とびらえほん」シリーズ 編集者  中村美早紀さんインタビュー

にんぎょひめ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット