大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
妖怪アパートの幽雅な日常(8)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

妖怪アパートの幽雅な日常(8)

  • 児童書
作: 香月日輪
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥950 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「こんなアパートで暮らしたい」
超個性派ぞろいの妖怪・幽霊たちと高校生夕士との、世にもおかしな共同生活。爆笑、涙、感動うずまく人気急上昇中の注目シリーズ!

高校入学を機に、一人暮らしを始めた夕士。その大正ロマン建築のアパートは、大家さんが黒坊主、食事係の賄いさんが手首だけの幽霊、同居人たちは気のいい妖怪たちがどっさり、地下に洞窟温泉が湧き、ことあるごとに宴会が繰り広げられる、という場所だった! 夕士は同居人たちから、自分で考えること、固定観念を見直すこと、人と人(?)が生身で関わりあう大切さを学び実感していく――。

ベストレビュー

いざと言うときにどうするか?

大学進学を決めた稲葉。宝石展で強盗にまきこまれ、千晶の前で能力を見せる稲葉。それでも受け止められ、読者も安心できます。

凶悪犯の前で、生徒を守るために怪我をして、自分だけおとりになって逃がす千晶先生。とてもかっこいいです。

強盗犯も自分の過去にこういう先生がいなかったことを恨んでも仕方ないのに、曲がったまま成長してしまうとこうなるという見本のようです。

青木先生は今回も相変わらずで、こんな重症で入院中の千晶先生に向かって「こうなる前に生徒を助けるべき!」と上っ面で文句まで言っている偽善者ぶりにはがっかりします。稲葉のせりふで言わせていますが「青木先生なら、犯人に、自分はどうなってもいいから子供たちは助けてくださいって言うだろう。でも犯人にいいようにされて、そう言っただけで終わるだろうな」ということを言っています。これはとても的を得ていますね。奇麗事を言うのは簡単。でも、自分にその力があるか?全員守れるか?というのはよく考えたほうがいい。

そして、今回は仲間を見捨て自分だけ生き延びようとした香川が自分の良心のせいで落ち込みます。自分を恥じるように生きてはいけないと教えてくれる本です。大人にも子供にもおすすめ。


(えみりん12さん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


香月日輪さんのその他の作品

大江戸妖怪かわら版(7) 大江戸散歩 / 妖怪アパートの幽雅な日常 ラスベガス外伝 / 下町不思議町物語 / 妖怪アパートの幽雅な人々 / ファンム・アレース(5)上巻 / ファンム・アレース(5)下巻



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

妖怪アパートの幽雅な日常(8)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット