ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
妖怪アパートの幽雅な日常(9)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

妖怪アパートの幽雅な日常(9)

  • 児童書
作: 香月日輪
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥950 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

夏休みの大事件を乗り越えた夕士。未来を見つめる高3の秋!

進路もほぼ決まった2学期、高校最後の文化祭は男子学生服喫茶をやろうと、盛り上がる3-C。そんなある日、自分のノートに書かれた悪口を見つけた夕士は、クラスメイトの心の闇を知る。学校裏サイトにも不穏な空気が……。

ベストレビュー

他人のせいにして生きてはいけません

楽しそうで目標や夢を持ったクラスメートがねたましい富樫。ネットや携帯でクラスメートの悪口を書き込んだり、忙しい。悔しいならがんばればいいのに、それをうらやんで妬んで他人にあたって自暴自棄になるのはもったいないです。ネットを自分のプラスになるよう世界が広がるよう使う子もいれば、富樫のようになんの得もない悪口書きに費やす子もいて、個人の資質について考えてしまいます。

恵まれたように見えても、神谷さんのように片親をなくしてその親の仕事を引き継ぐために経営を勉強していたり、千晶のように悲しい周囲の死を迎えても前向きに努力していて、実際にはみんなが何かしら努力しているもの。それを「努力していない」「恵まれていてずるい」「お前に俺の気持ちはわからない」とぐれるのはお門違い。

目いっぱい今を生きる人間は美しい。まっすぐ生きる稲葉の姿など、共感できます。

ちなみに、今回は文化祭で千晶が白ラン仮装、、、。面白いです。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

香月日輪さんのその他の作品

大江戸妖怪かわら版(7) 大江戸散歩 / 妖怪アパートの幽雅な日常 ラスベガス外伝 / 下町不思議町物語 / 妖怪アパートの幽雅な人々 / ファンム・アレース(5)上巻 / ファンム・アレース(5)下巻



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

妖怪アパートの幽雅な日常(9)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット