しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
ぼくとようせいチュチュ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくとようせいチュチュ

  • 絵本
作・絵: かさい まり
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年07月
ISBN: 9784893253255

3、4歳から
25×22cm 32頁

出版社からの紹介

<自然への想いがふくらむ夏の森のファンタジー>
夏休みに、いなかのおばあちゃんちの裏山で、ぼくが蝶と思って捕まえたのは、
妖精の女の子チュチュ。チュチュはどこかへ急いでいたけれど、羽が破れてうま
く飛べない。そして、ぼくの網のふり方が乱暴だって怒ったり、もう間に合わな
いって泣きだしたり…。仕方ないので、ぼくはチュチュを肩に乗せて送っていく
ことにした。
――たどりついたところは、大きな樫の木が立っている森の広場。そこには妖精
がいっぱいで…

このお話には、子どもたちに夢の世界を広げてほしいという願いとともに、自然
にももっと親しんでほしいという作者の思いが込められています。

ベストレビュー

きっぱりとした妖精

虫取りをしている男の子に虫と間違えられて捕まえられてしまった妖精のチュチュ。
この男の子も悪気があったわけではなく、チュチュの言うことを聞いて妖精たちの元へチュチュを送り届けてくれます。妖精のチュチュはけっこう言いたいことをばんばん言うきっぱりとした妖精だなーと思いました。まあたしかに男の子のせいで羽がぼろぼろになったというのもありますがもともとこういう性格の子なのかなー。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


かさい まりさんのその他の作品

かあちゃん えほんよんで / くれよんがおれたとき / 角川つばさ文庫 こぐまのクーク物語(9) フルーツまつり / きみはぼくだね / 角川つばさ文庫 こぐまのクーク物語(8) 森のレストラン / こぐまのクークの12か月



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

ぼくとようせいチュチュ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット