なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
しろりりんさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
哲学のおやつじぶんと他人
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

哲学のおやつじぶんと他人


出版社: 汐文社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

今だからこそ考えたいテーマを取り上げ、おやつを食べるように気楽に楽しく哲学に触れる、フランスで75万部超の人気シリーズ。本書では、身近な例を用いて、人と人との関わりについて考える。

ベストレビュー

思春期入口にお薦め

「仕事とお金」に続いて
ふんふん、なるほど・・・
これもなかなか素晴らしい!

社会性についてですかね?
自分ひとりでは
自分のことはわからない
他人の目を通して
自分が見えてくる
確かに・・・

「ジャングル・ブック」は、知らないのですが
オオカミに育てられた
「アマラとカマラ」のことは
高校の倫理社会で大変印象強く覚えています

ヒトは、ヒトの中で育つから
「人間」なんですよね、確かに

差別について、自分のことをわかってもらえる?
あのこは、好きになれない・・・等

それらをいろいろな身近な例をあげて
わかりやすく説明してくれます

自我の意識が目覚める
思春期入口の時に
私も読みたかった(^^ゞ
(しいら☆さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

哲学のおやつじぶんと他人

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット