庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
ドレスを着た男子
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ドレスを着た男子

  • 児童書
作: デイヴィッド・ウォリアムズ
訳: 鹿田 昌美
画: クェンティン・ブレイク
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年05月20日
ISBN: 9784834026825

自分で読むなら・ 小学高学年から
20×14cm 232ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

いつもの自分≠ノも、着がえは必要――みんな、ちょっとはそう思ってる。
サッカー少年がドレスをまとう、英児童文学界期待の新星(実は人気コメディアン)のデビュー作。

ベストレビュー

ハチャメチャ哀愁コメディ

思春期男子デニスの女装願望。
出発点は両親の離婚だったのでしょうか。
単純にごっこ遊びの延長だったのでしょうが、年上の女子リサの遊び心にハマってしまいました。
女装して人前に出るスリルと快感。
話は底知れずドタバタ喜劇に落ち込んでいきます。
おかげでデニスは退学処分。
退学したものの起死回生のメンバー総女装のサッカー試合。
学校の校長先生や、行きつけの店の主人も女装に目覚めてしまうほど、小説はワルノリの展開ですが、ダメおやじに思えた父親が、とてもいい味の哀愁路線で締めくくってくれました。
この小説は読んだ人にしかわからない世界でした。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


デイヴィッド・ウォリアムズさんのその他の作品

おばあちゃんは大どろぼう?!

クェンティン・ブレイクさんのその他の作品

ブーツをはいたキティのおはなし / マグノリアおじさん / チョコレート工場のひみつ / 「ダ」ったらダールだ! / 一年中わくわくしてた / まぜこぜシチュー

鹿田 昌美さんのその他の作品

大きい族の小さな少年 マンクル・トロッグ



2つの写真のまちがいをさがそう

ドレスを着た男子

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット