話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
わんぱくだんのクリスマス

わんぱくだんのクリスマス

  • 絵本
作: ゆきの ゆみこ 上野 与志
絵: 末崎 茂樹
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2005年10月
ISBN: 9784893256348

4・5歳から

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

仲良し3人組、わんぱくだんのシリーズ。3人は、クリスマスにくみの部屋でツリーの飾りつけ。そこで始まったのは口ゲンカ。 

「サンタなんかいるわけないもん!」
「いるよ。」
「絶対いるもん。」

するとどこからか声が……。

「サンタクロースはちゃんといますよ。」

驚く3人の前にひょっこり現れたのは赤い服を着た一匹の猫。助手であるというその猫は、サンタの国へ連れて行ってくれると言うのです。そこで3人が見たサンタは……あれれ、何だか小さい?

サンタクロースを信じる子、信じない子。色々な子がいるのは当然ですね。こんな口ゲンカも昔から変わらずよくある光景なのかも。そこはわんぱくだん。実際にサンタクロースに会ってサンタを信じるとはどういう事なのか体験してきてしまいます。読んでいると、サンタさんがいると信じた方が楽しそうな事は間違いない、と思わせてくれます。ところで、サンタさんはどうして小さくなっていたのでしょうね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

わんぱくだんシリーズ。不思議な猫に誘われて、サンタの国へ行ったわんぱくだんの前に現れたのは本物のサンタクロース!元気のないサンタクロースを励ました3人は…。

ベストレビュー

クリスマスの舞台裏が見られます。

息子が大好きな「わんぱくだん」シリーズです。図書館でもすべて貸し出し中で、予約しました。くみとひろしとけんの3人は、ツリーを飾っています。ひろしだけはサンタクロースを信じていない様子。そこへサンタの助手というニャンタが現れます。

サンタさんへの子どもたちの手紙も出てくるので、このところ毎日サンタさんにお手紙を書いている息子にとっては、タイムリーなお話でした。

サンタクロースの配達も手伝ってしまう3人。わんぱくだんシリーズは、3人が子どもたちがしたいと思っていてもできないことを代表してやってくれるのが、子どもに受けているみたいです。

今回のお話では、クリスマスの舞台裏が見られて息子も満足したようです。息子は全作品読みたいと言っています。

(はなびやさん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ゆきの ゆみこさんのその他の作品

わんぱくだんのりゅうぐうじょう / わんぱくだんのてんぐのすむやま / わんぱくだんのおにわのようせいたち / わんぱくだんのおかしなおかしや / わんぱくだんのひみつきち / わんぱくだんの まほうのじゅうたん

上野 与志さんのその他の作品

ぼくんちのねこまたフーじぃ / ふたごのどんぐり / でっかいたまごとちっちゃいたまご / おおきいおうちと ちいさいおうち / わんぱくだんのどろんこおうこく / わんぱくだんのペンギンランド

末崎 茂樹さんのその他の作品

くすのきだんちの ねむりいす / くすのきだんちのおきゃくさん / スペース合宿へようこそ / おーいおばけ / のねずみくんのおはなし とんこととん / くすのきだんちのあめのひ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > わんぱくだんのクリスマス

えほん新定番 from 好書好日

わんぱくだんのクリスマス

みんなの声(26人)

絵本の評価(3.93

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 24人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット