みなみへ みなみへ
作: ダニエル・ダンカン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
海のうえで出会った“あいぼう”。それぞれが帰る場所は……? 一人ぼっちの漁師さんと1羽のトリのお話。
絵本ナビでしか買えない!自慢したくなる『ねないこだれだ』グッズ
きつねのほうき星
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きつねのほうき星


本体価格: ¥1,524 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「きつねのほうき星」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

暗い空の星の海に、1匹のきつねがいた。それは、はなたれた矢よりも速く、音よりも速く、光の速度よりも速く空をかける、ほうき星…。著者の興味をひく対象だったきつねを、ほうき星にかけた絵本。

ベストレビュー

不思議なファンタジー

きつねのほうき星は、いつもそこらここらをうろうろ飛び回ります。でもあるとき、見かけたがんばりやの女の子がなんとなく気になってしまいます。ある日、その女の子が病気になりますが家族もいないので誰も医者を呼びにいけません。ほうき星は女の子の近くに落ち、二度と飛べなくなりますが、その代わりに医者を呼んで女の子を治してもらいます。

星の話と童話がミックスした不思議な素敵なお話です。ちょっと物足りないというか先を読みたかった感じがします。あと、絵ですが、女の子の顔をかかないのはのっぺらぼうみたいで子供向けとしては気になりました。顔が描いてあればもっと良いです。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




4つのコースをつなげて長〜い線路に!汽車が走るしかけ絵本

きつねのほうき星

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット