大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ここがわたしのおうちです
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ここがわたしのおうちです

  • 児童書
文: アイリーン・スピネリ
絵: マット・フェラン
訳: 渋谷 弘子
出版社: さ・え・ら書房

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年10月
ISBN: 9784378014913

小学校中学年〜
A5判/112ページ

この作品が含まれるテーマ

親が職を失ったダイアナ一家は、住みなれた家を離れ、祖父の家に引っ越す……親友との別れ、知らないとちでのとまどいと新しい出会いを、鉛筆画と自由詩で細やかにつづります。

ベストレビュー

自由詩で思いを表現

2012年度青少年読書感想文全国コンクール小学校中学年の部課題図書。
原題は『WHERE I LIVE』。
「LIVE」のニュアンスを大切に受け止めたいです。
自由詩、手紙、メモ書きで、主人公ダイアナが思いを綴ります。
物語の構成が新鮮で、最初は戸惑いますが、
やがて、このようなスタイルである理由もわかってきて、
全体像を見て、その素敵さに拍手!でした。
ダイアナは素敵なおうちがあって、親友もいて、とても幸せなのです。
ところが、お父さんが失業、引越しを余儀なくされます。
ダイアナはありのままの気持ちを綴ります。
それが実は、何よりも癒しでもあったのですね。
表現することの大切さが伝わってきます。
自分の感情を綴り、その気持ちを自分で受容することを教えてくれた、
担任の先生、詩の勉強会の先生の存在が素敵です。
もちろん、家族もいろいろな視点からそっと寄り添います。
そして何より、いとおしい友情がたっぷり描かれます。
冒頭と最後で出てくる「WHERE I LIVE(ここがわたしのおうちです)」の描写は、
新旧での対比が鮮やかです。
引越しなどで寂しい思いをしている子どもたちにはぜひ、届けてあげたいおはなしでした。
(レイラさん 40代・ママ 男の子18歳、男の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

アイリーン・スピネリさんのその他の作品

だいすきだよ、ハッチさん

マット・フェランさんのその他の作品

いつまでも ずっと

渋谷 弘子さんのその他の作品

君の話をきかせてアーメル / テレビを発明した少年 ファイロウ・ファーンズワース物語 / トマス・ジェファソン本を愛し、集めた人 / お話きかせてクリストフ / ジェドおじさんはとこやさん / マイケル・ジョーダン バスケの神様の少年時代



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

ここがわたしのおうちです

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット