ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ファンム・アレース(1)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ファンム・アレース(1)

作: 香月日輪
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥950 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

奇跡か宿命か――。伝説の聖少女将軍(ファンム・アレース)を思わせる王女ララと用心棒の剣士バビロン。運命に導かれた2人のドラマが始まる!

革命で国が崩壊し、王女ララは亡き母の故郷をめざす。ララの命を狙う追っ手の目的は?バビロンの出生の秘密とは?貧しい村人たちの未来は?どんな状況でも力強く明るく生きぬこうとする者たちへの賛歌!

ベストレビュー

この作者は本当に面白い!

不思議な少女、ララと、水竜のハーフ、バビロンの出会いが書かれています。魔法の契約のせいでララを護衛することになったバビロン。でも、その旅の中で友情(愛情?)が芽生え、契約をきらなくて良いと感じるバビロン。人間の業というものを考えてしまう作品ですが、ララが追手に言う言葉が非常に良い。人間は、復讐相手のどうでもいい血縁にまで命をかけるんじゃなくて、前を向いて歩むべきですね。子供にもおすすめできる素敵な作品です。小学校高学年以上におすすめ。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


香月日輪さんのその他の作品

大江戸妖怪かわら版(7) 大江戸散歩 / 妖怪アパートの幽雅な日常 ラスベガス外伝 / 下町不思議町物語 / 妖怪アパートの幽雅な人々 / ファンム・アレース(5)上巻 / ファンム・アレース(5)下巻



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

ファンム・アレース(1)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット