しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
ファンム・アレース(2)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ファンム・アレース(2)

作: 香月日輪
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥950 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

魔女の狙いは聖なる魂!
500年の血塗られた王家の歴史。その最後の血をひく王女ララ。王家初代に何が起こったのか?

ララを狙う魔女の陰謀。滅亡した王家の恐ろしい歴史。呪いの謎を解くためにララとバビロンは旅立つ。道中に出会ったのは与えられた運命に誠実に生きるさまざまな人たちだった。

ベストレビュー

また新たな出会いが!

前作で滅びた王朝の王女と判明したララ。聖魔の魂である竜の姫、テジャを偶然拾い、ビベカのもとへ届けることになるララとバビロン。魔女ビベカの孫ナージスと出会って、旅の仲間が4人に増えます。

途中、出会った父娘との出会いでもララって大人だと思えます。ララは10歳なのに、大人を一喝する度胸とその正しい理論。娘にもこう育ってほしいです。それに、食堂で通りすがりの人におどかされても「ミミズの肉でも上手ければ良い」と言うララの堂々としたところ、好きです。

作品中、随所に出てきますがこの作家さんは決まった美辞麗句を言わず、リアリティがあるので、ファンタジーながら大変に面白いです。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


香月日輪さんのその他の作品

大江戸妖怪かわら版(7) 大江戸散歩 / 妖怪アパートの幽雅な日常 ラスベガス外伝 / 下町不思議町物語 / 妖怪アパートの幽雅な人々 / ファンム・アレース(5)上巻 / ファンム・アレース(5)下巻



約50年前の長新太さんの絵本を新装復刊

ファンム・アレース(2)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット