貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ファンム・アレース(4)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ファンム・アレース(4)

作: 香月日輪
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥950 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

活字力全開(フルパワー)の人気シリーズ

自分たちの世界は、自分たちで守る!
ささやかなひとときの幸せ。その積み重ねが世界を作る。

莫大な力を秘めた「聖魔の魂」と魔女の恐ろしい陰謀。ララとバビロンはついに、天使の力を借りることがその危機を打ち砕く鍵と知る。しかし一行の前に、不思議な男たちが現れて……。

ベストレビュー

殺し屋まで仲間になっちゃう!?

前作でちょっかいをかけてきそうになった殺し屋2人組がなんと一時的に仲間になります。殺し屋といっても性根は腐っていないから、なんだかとても友情を築いていけそうな感じ、、、、。でも、別々にわかれていきます。とても寂しい気分になったので、最後の結末は嬉しかったです。

殺し屋だった2人の不思議な過去と能力がまた魅力的でもあり、苦悩の源でもあり、非常に面白い。この作品はファンタジーなだけあって、美しい若い姿で百何十歳とか五百歳とか、、、面白いです。

殺伐とした生き方をしていても、胸の琴線に何かが触れれば生まれ変われる。望みを捨ててはいけない。そんなことを教えてもらえた気分になる本です。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


香月日輪さんのその他の作品

大江戸妖怪かわら版(7) 大江戸散歩 / 妖怪アパートの幽雅な日常 ラスベガス外伝 / 下町不思議町物語 / 妖怪アパートの幽雅な人々 / ファンム・アレース(5)上巻 / ファンム・アレース(5)下巻



『こびと桃がたり』 なばたとしたかさんインタビュー

ファンム・アレース(4)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット