あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
名作をおうちに飾ろう♪ プチプライスの『 ガーゼハンカチ&フレームセット』が新登場!
ファンム・アレース(5)上巻
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ファンム・アレース(5)上巻

作: 香月日輪
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥950 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

お待たせしました、最終巻!

何があっても立ち向かってゆける。独りではないから。

旅の途中でつぎつぎと仲間を得た王女ララは、ついに魔女のすむ暗黒の地に近づく。しかし目の前に立ちはだかるのは、死の街と呼ばれる荒野。そこに足を踏み入れて、無事戻ったものはいない。

ベストレビュー

血がつながらなくても種が違っても家族になれる!

前作で仲間になった元殺し屋2人。片方の能力のおかげで、もう片方も死なない老いない体になる。でも世間で不老不死にあこがれるほど素敵なものではないみたいで、それゆえの苦悩もたくさん。半分くらい諦観していたサーブル。でも、かけがえのない仲間に出会い、それもいいのかも、と思える様子。そして、今度は、隠者ノゴージャンの作ったゴイエレメスのアゴリを仲間にし、全員が家族のようになっています。血がつながらなくても、家族になれる。それが弱みにもなれば、強さにもなる。すごく素敵なお話だと思います。亡者のいる山を越え、仲間全員そろって、魔女アイガイアと戦いにおもむくので、ここからが本番!

今まで強かったララが、バビロンの危機で見せた危うさ、これが意外に良いんです。人間ですから。

この作品では主人公ララが12歳になっているので、小学生高学年くらいからおすすめ。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

香月日輪さんのその他の作品

大江戸妖怪かわら版(7) 大江戸散歩 / 妖怪アパートの幽雅な日常 ラスベガス外伝 / 下町不思議町物語 / 妖怪アパートの幽雅な人々 / ファンム・アレース(5)下巻 / ファンム・アレース(4)



絵本に登場した「クスノキ」に会いに行ってきました!

ファンム・アレース(5)上巻

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット