ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
ふたごのしろくま ねえ、おんぶのまき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふたごのしろくま ねえ、おんぶのまき

  • 絵本
作: あべ 弘士
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年05月
ISBN: 9784061325098

2歳から 
ひとり読み:5歳から

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ふたごのしろくまが、かあさんぐまにおんぶをせがみます。でも、かあさんは……。
氷の島にくらす、ふたごのしろくまとかあさんぐまがくりひろげる、愛らしいおはなし。

【作者からのメッセージ:作/あべ弘士さんからのメッセージ】
旭山動物園の飼育係だったころ、しろくまのお母さんがふたごの赤ちゃんを産みました。
名前をだいちゃんと、しょうちゃんとつけました。だいちゃんは元気いっぱいの子です。
しょうちゃんは、ちょっと内気な性格。だいちゃんは、プールのなかにドボーンと飛びこんで泳ぎはじめました。
しょうちゃんは、プールになかなか入ろうとしません。すると、お母さんがうしろから押してプールに落とします。
そして、お母さんは立ち泳ぎしながら前足で輪を作り、
そのなかにしょうちゃんを入れて泳ぎの練習をさせました。この絵本そっくりでした。
この絵本は、ぼくが北極に行ったとき、実際に見たはなしです。ほんとうだよ。

ふたごのしろくま ねえ、おんぶのまき

ベストレビュー

おんぶ

双子のしろくまちゃんがとても愛らしく画かれています。とても可愛くてもうそれだけでも癒されます。孫は足が悪いので孫が歩きたくてもすぐに抱っこするのでおんぶもいいなあって思いました。とても愛らしい絵本にあべ弘士さんの愛情を感じました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

あべ 弘士さんのその他の作品

わにのスワニー / あべ弘士の生きものがたり カワセミとヒバリとヨタカ / どうぶつえんはおおさわぎ / 宮沢賢治「旭川。」より / ぷんぷんヒグマ / 完全版 あらしのよるに



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

ふたごのしろくま ねえ、おんぶのまき

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット