ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
なかよしむら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

なかよしむら


出版社: 新世研

本体価格: ¥1,600 +税

「なかよしむら」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

中国のある村にコーサンという人々が仲良く暮していた。ある日、竜宮の竜王が、平和の村が実在するのか確認するために、村人ひとりを連れて来るよう家来に命令した…。吉林省の朝鮮族の村に昔から伝わるお話。

ベストレビュー

竜王の家来と村の人たちのやり取り笑える

作者は韓国のイラストレーター(作家活動もしているようです)さんです。
元々のお話は中国吉林省の朝鮮族の村に伝わる昔話だそうで、とても痛快で最後までいい気持でいられる素敵な村のお話でした。

「誰もが他人のために(人のために)と自分よりも周りの人の幸せを願っている」本当にこんな村があったら素敵です。
そんな村の人たちに翻弄される海の竜王の家来(しいていうなら魚人族でしょうか?)は、危うく干からびそうになつぃまって、危なかったです(笑えましたが)。

日本の昔話にはあまり利かないタイプの、おっとりとしているようで、奇抜なストーリー展開が面白いです。
小学校の中学年から、中学生・高校生くらいのお子さんたちにぜひお勧めしたいです!!
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子12歳、)

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

なかよしむら

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット