おふくさん おふくさん おふくさんの試し読みができます!
作: 服部 美法  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
お正月に家族で読んで、ほっこり気分になれる絵本!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
木の陰を売る男
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

木の陰を売る男


出版社: 文芸社ビジュアルアート

本体価格: ¥760 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「木の陰を売る男」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

昔々、シルクロードの村で人々は木陰に集まり楽しく仲良く暮らしていた。でも、けちなバイは木の陰をタダで使わせてくれない。すると…。ウイグル民話をもとに木の陰を売るバイと、知恵に溢れるアリを描いた絵本。

ベストレビュー

吝嗇すぎるのは良くないですね

冒頭部分が長すぎる気がしますが全体の流れは良いですね。大きな木があり、木陰ではみんなが涼んだり、活発にいろんなことをします。でも木の持ち主のけちんぼうが、お金を取ろうとします。するとみんながお金を払えず、家にこもって町の活気がなくなります。ある召使が、主人である持ち主から木陰を買い、みんなに無料で開放します。そこまでは良い。でも、木陰に主の家が入ったからとその家も使います、、、。ちょっとやりすぎのような気がしますね。そこで、主人は木を切る、、、なんてことをせず、素直に「自分が悪かった」と誤り、お金を返します。

全体の流れはなかなか良く、吝嗇にならずに済むヒントがありそうです。

欠点は冒頭の導入部分が長すぎること。ちょっと無駄な気がします。あと文章はすごく長いので、読み聞かせは大変です。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子4歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

木の陰を売る男

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット