となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
Little Duck’s Moving Day
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

Little Duck’s Moving Day


ベストレビュー

中学生くらいからかな

娘が通っている英語教室の図書コーナーから、自分で選んで借りてきました。
といっても、これ5歳児(というか娘くらいのレベル)には
無理なのじゃないの?と私は思いましたが。

センテンスのある文章も、なかには理解できるものもあるのですが
きちんと、いかにも「文章!」といった感じのものは、娘には
まだ理解できないからです。
ただ、英語圏の幼児用に作られた絵本ではあるので、絵もかわいいし
サイズも小さくてかわいい。それに文章になってはいるものの、難しい
表現は使われていません。
なので、英語を母国語として使っていない人が読むとしたなら
多少なりとも勉強した(現在完了形くらいは)中学生くらいが読んだら
きっと「難しくないじゃーん」と楽しむことができると思います。
自分が話したり、書いたりする時の参考にもなりますしね。
娘もところどころはわかるところはあって。
「自分の絵にバイバイって変じゃないの?」などと言っていたりも
したので、母としてはちょっとうれしかったです。
(ぽこさんママさん 40代・ママ 女の子5歳)

出版社おすすめ




本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

Little Duck’s Moving Day

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット