もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
木? それとも草? 竹は竹
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

木? それとも草? 竹は竹


出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥667 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「木? それとも草? 竹は竹」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年

小学3年生から
ページ数: 40 サイズ: 25X19cm たくさんのふしぎ 2010年10月号

出版社からの紹介

物さしや釣り竿、かごやざるなど、竹は私たちの身近で様々に利用され、タケノコは食材として欠かすことができません。しかし、じつはどんな植物かはあまり知られていません。めったに花を咲かせないために、人間が品種改良することができなかった野生のままの植物なのです。木とも草ともちがう、その独特の生態を紹介します。

ベストレビュー

竹の不思議

 読み終えてみると「竹は竹」というタイトルが、ほんとうにぴったりだなと思いました。
 木でも草とも全然ちがう、竹の不思議がよくわかりました。竹がずんずん伸びる理由や、かぐやひめにまつわるお話など、興味深かったです。
 竹の花は地味なかんじですが、実際にみてみたいなと思いました。

 今また、竹を見直そうという動きがあるそうです。私も、これからの竹製品を注目したいです。
 
(どくだみ茶さん 40代・ママ 女の子11歳)

出版社おすすめ




「にじいろのさかな」シリーズ <br>編集者インタビュー

木? それとも草? 竹は竹

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット