十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
オン・ザ・ライン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オン・ザ・ライン

  • 児童書
著: 朽木祥
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年07月
ISBN: 9784092905726

B6判/322頁

出版社からの紹介

ウルトラ体育会系だけれども活字中毒でもある文学少年、侃(カン)は、高校に入り、
仲良くなった友だちに誘われて、テニス部に入ることになった。
初めて手にするラケットだったが、あっという間にテニスの虜になり、仲間と一緒に熱中した。
テニス三昧の明るく脳天気な高校生活がいつでも続くように思えたが……、ある日、取り返しのつかない事故が起きる。
少年たちは、自己を見つめ、自分の生き方を模索し始める。
「恐ろしいほどの感動が、俺を圧倒した。若く溌剌とした魂の輝きがもし目に見えるとすれば、
朝の光の中できっと俺はそれを見たのだ。瞬くように過ぎ去るからこそ、二度と戻れないからこそ、このきらめくような瞬間はかけがえのない一瞬だった。」(本文から)
少年たちのあつい友情と避けがたい人生の悲しみ。切ないほどにきらめく少年たちの日々の物語。

【編集者からのおすすめ情報】
朽木祥さんの待望の最新刊。朽木さん初の青春小説です。朽木祥さんは、『かはたれ』でデビューし、
児童文学界に新風を巻き起こしたました。本作品では、少年たちの学園生活を生き生きと描き出しながら、
それだけでは終わらない感動を読者に与えてくれる、奥深いYA文学です。

ベストレビュー

青春

一目ぼれをきっかけにテニス部に入ることになった侃(かん)。
体育会系だが活字中毒というのは本人も言うとおりにたしかに多くはないですよね。
脳の中はテニスでいっぱいだったり、友達の彼女を好きになったり、青春だなと感じました。侃同様にこんな日々が続くのかと思っていたのですが、衝撃的な事件が起こってしまい、侃は高校に行かなくなってしまいます…。私も読んでいてびっくりしてしまいました。
友達の貴之がひたすら格好良くて大人(高校1年生!)です。でも苦労もあってというところもあるっぽいのでそれを思うとちょっと切ないかも。この貴之が憧れていた人物というのはああと納得できました。
朽木 祥さんの他のお話も読んでみたくなりました。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子3歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

朽木 祥さんのその他の作品

まんげつの夜、どかんねこのあしがいっぽん / あひるの手紙 / 花びら姫とねこ魔女 / 光のうつしえ 廣島 ヒロシマ 広島 / 八月の光 / 引き出しの中の家



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

オン・ザ・ライン

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット