だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
ねこの手かします 〜たこやきやのまき〜
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねこの手かします 〜たこやきやのまき〜

  • 児童書
作: 内田 麟太郎
絵: 川端 理絵
出版社: 文研出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年06月30日
ISBN: 9784580821354

A5版・80ページ
小学校低学年向き

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

お祭りの夜、たこやき屋を手伝ってくれる人を探していたカオリさんとタカシさん。
頼りにしたのは、ねこの手やのトラノスケとヒメだった!
同じたこやき屋のオニマサのいじわるに負けず、おいしいたこやきを焼くことはできるのか?

ねこの手かします 〜たこやきやのまき〜

ベストレビュー

朝顔の花柄の浴衣!

みけねこのヒメの花柄の浴衣が朝顔だったので、とても気に入った孫と私でした。ヒメは朝顔の花柄の浴衣と、淡い緑色のヒスイの簪がとても似合っていました。手際よく焼いたたこやきをお皿に盛り付けているのでうっとりと見惚れてしまいました。オニマサの意地悪のヒトデに笑ってしまいました。屋台のたこやきが食べたくなりました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


内田 麟太郎さんのその他の作品

たまたまタヌキ / ぐるぐるぐる / ぼくだってトカゲ / なみだは あふれるままに / いつだって ともだち / くじらさんのーたーめならえんやこーら

川端 理絵さんのその他の作品

ようこそなぞなぞしょうがっこうへ / ねこの手かします 〜ねこじたのまき〜 / ねこの手かします 〜かいとうゼロのまき〜 / ねこの手かします 〜手じなしのまき〜 / ねこの手かします / サクランボの絵本



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

ねこの手かします 〜たこやきやのまき〜

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット