もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【再入荷】遊びながら実験の楽しさを教えてくれるイモムシ型ロボ、再入荷しました!
願いのかなうまがり角
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

願いのかなうまがり角

  • 児童書
作: 岡田 淳
絵: 田中 六大
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「願いのかなうまがり角」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年05月
ISBN: 9784035307204

小学3・4年生から
22×16cm 126ページ

出版社からの紹介

ぼくのおじいちゃんはサイコー! カミナリのむすめさんと結婚し、
雪の精となかよしになり、どんな願いもかなうまがり角をしっているんだ。

願いのかなうまがり角

ベストレビュー

すべらない話!?

久しぶりに兄(小6)妹(小2)共にハマって、繰り返し読んだ本でした。

すべてのお話が、おじいちゃんと孫の会話という形で進んでいくのですが、おじいちゃんの話がとにかくすごい!
一つのテーマが「これでもか!」というくらい広がって、どんどんスケールの大きな話に発展していくのです。
そして、そのひとつひとつがとてつもなくおかしくて面白い。
私も読んでみて、子供達がハマったわけがわかりました。

『嘘』は、悪意があって人を傷つけるもの。でも『ほら』は、悪意がなくて人を楽しませるものだと聞いたことがあります。
聞いている孫も語られた話が本当かどうか理解してはいるけれど、おじいちゃんの話を聞くことが大好きなんでしょうね。
こんなに楽しいほら話なら、毎日聞いても飽きないだろうなぁ。

最後のお話、『願いのかなうまがり角』だけは本当のことを話しているように感じられました。
おじいちゃんのかなえたい一番の願い事とは、なんだったんでしょうか?
私には、“いつまでも、孫とこんなふうに話ができますように”だったのかな…なんて思えました。

小学校3・4年生からと書かれていますが、すべてふりがながふってあるので、一年生でも読めると思います。
おじいちゃんのとんでもないほら話、おすすめです。
(ひだまり☆ははさん 30代・ママ 男の子12歳、女の子8歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岡田 淳さんのその他の作品

こそあどの森の物語(12) 水の森の秘密 / 森の石と空飛ぶ船 / きかせたがりやの魔女 / わすれものの森 / そこから逃げだす魔法のことば / カメレオンのレオン 小学校の秘密の通路

田中 六大さんのその他の作品

おとのさま、スキーにいく / うめちゃんとたらこちゃん / のんびりやのサンタクロース / うどん対ラーメン / おしごとのおはなし 警察官 交番のヒーロー / 遠野物語



忙しいお母さんにも読んでほしい!期間限定全ページためしよみ中!

願いのかなうまがり角

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット