宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
クリスマスをわすれたサンタクロース
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

クリスマスをわすれたサンタクロース

  • 絵本
作: カリン.フォン.オルダースハウゼン
絵: ガービ・フルック
訳: 泉典子
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年11月
ISBN: 9784566008304

幼児〜
25.4×20.8cm/25ページ

出版社からの紹介

さむい冬なんか、もうこりごりだ! サンタクロースは、えんぴつで太陽をかいた。すると、雪がとけ、だんだんあたたかくなり、あっというまに、夏がきた! 大よろこびのサンタクロースは…?

ベストレビュー

タイトル

タイトルに、ちょっと自分を重ねて切なくなってしまった私でしたが、全く理由が違っていたので、面白く読めました。サンタさんにもきっとバカンスは必要だと思いました。ちょっと忘れていたことにも気がついてほっとした私でした。無邪気にプレゼントを忘れないでねと思いたいです!
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




「ゆうたくんちのいばりいぬ」シリーズ誕生30周年! きたやまようこさんインタビュー

クリスマスをわすれたサンタクロース

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.67

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット