ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
ナム・フォンの風
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ナム・フォンの風

  • 児童書
作: ダイアナ・キッド
絵: 佐藤 真紀子
訳: もりうちすみこ
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年11月
ISBN: 9784251041883

小学校高学年以上
A5変型判/ページ数:101ページ

出版社からの紹介

ベトナムからオーストラリアへたどりついた難民の少女ナム・フォン。家族の消息もわからず、背負わされた大きな悲しみに立ち向かう少女の心の軌跡を、瑞々しいタッチで描く。

ベストレビュー

ベトナム難民の女の子のお話

表紙絵に惹かれて図書館で借りてきました。
字体や物語の内容を考えると小学校中学年くらいから高学年くらいのお子さん向けの作品だと思います。

主人公の女の子は、今オーストラリアに住んでいます。一緒に暮らしてしているのは家族ではなく、たまたま身柄を引き受けてくれたおばさん。
彼女はベトナムの内戦を逃れて船でオーストラリアに漂着した難民の一人でした。
両親やきょうだいと離れ離れになり、船でおじいちゃんを亡くした女の子(歳ははっきり描かれていませんが、たぶん10歳くらいだと思います)。その子が新しい土地で、新しい友達や周囲の理解ある大人たちに支えられ、前を向いて歩いて行こうとする姿を描いています。

日本でも今でこそ、色々な国・人種の方が当たり前に住む国になってきましたが、それでもほかの国々に比べるとやはり、単一民族国家なので、この物語の主人公『ナム・フォン』のような子が、万が一自分たちの住む町に来たとしても、町全体でこんな風に暖かく支えることはちょっと難しいかもしれないなと、考えてしまいました。
できることなら力にはなりたいですが…。

オーストラリアという大陸ならではの文化的考え方なども何となく伝わる作品なので、世界の情勢に興味のあるお子さんたちは、どよんでみた欲しい作品です。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

佐藤 真紀子さんのその他の作品

さかな・食べるのだいすき! / ごはんだいすき! / 食物の流通と栄養 / ぼくたちのリアル / 蒼とイルカと彫刻家 / ポプラ世界名作童話(2) トム・ソーヤーの冒険

もりうち すみこさんのその他の作品

呪われた図書館 / クジラに救われた村 / リトル・パパ / ヘレン・ケラーのかぎりない夢 見る・聞く・話す・読む・書く・学ぶ夢に挑戦した生涯 / 名探偵犬バディ(5) 青い舌の怪獣をさがせ! / ゾウがとおる村



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

ナム・フォンの風

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット