雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ぼくたちとたいよう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくたちとたいよう


出版社: 文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,165 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくたちとたいよう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

太陽と地球について描いた科学絵本

科学の本のブックトークを研修していて、メンバーがセレクトした作品。
太陽と地球について描いた科学絵本で、やや長く、小学校中学年以上くらいからですが、
きちんと説明がされている作品として、評価が高かったです。
ただ、既に絶版本のようで、図書館くらいしか手に入らないのが残念です。
ぼくと妹は、夜明け前に家を出て、日の出を目撃することになります。
太陽の様子が丁寧に描かれます。
太陽の位置、光の様子、そして影。
日没まで観察した後は、両親のレクチャーが始まります。
易しい解説は、子どもたちを想像の世界へ誘い、ぼくは、地球や太陽について
たくさんのことを感じ取るのです。
子どもらしい感性と、大人の適切な知への導きが見事に調和しています。
絵が淡いので、大勢の読み聞かせには向いていませんが、
ぜひ、じっくり味わってほしいです。
(レイラさん 40代・ママ 男の子18歳、男の子16歳)

出版社おすすめ




「いのち」の意味を考えさせてくれる絵本

ぼくたちとたいよう

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット