だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
かぶとん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かぶとん

  • 絵本
作・絵: みうらし〜まる
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年06月25日
ISBN: 9784790252399

4〜5歳児
上製 26.3×21.3cm
28ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

かぶとんは小さなカブトムシ。大好物の木の汁を見つけても、大きなカブトムシやクワガタの兄弟に横取りされてしまいます。「強くなりたい」と思ったかぶとんは、力持ちのアリじいさんに弟子入りします。そんなある日…。本当の「強さ」を知る、かぶとんの成長物語です。ユニークな脇役の昆虫たちにも注目! 虫大好きな子にもちろん超おすすめですが、かわいい虫なので、虫嫌いな子も喜んでくれると思います!

日本語は難しい言語です。まして、5〜6歳の子どもが読むとなると理解できる言葉も限られています。
そんななかで、かぶとんの思いやひたむきさ、アリじいさんの胸に秘めた思いなど、
子どもがわかる範囲で表現していくのは大変でした。
ほかにもちょっとした言葉の使い方で印象が変わったり、意味が違ってしまうこともあります。
そんなことに注意をしながら、かぶとんの正確を前面に引き出した情熱的で温かいストーリーに仕上げました。
自分の弱さにうんざりして落ち込むこともあるけれど、しっかり前をむいてひたむきに努力するかぶとん。
自分の思いを貫くこと、また、だれかたのめに手を差し伸べる勇気を教えてくれます。

ベストレビュー

勇気と優しさ

なんだかカンフー映画の特訓的な印象でしたが
強くなりたいかぶとん
アリじいさんが特訓をつけてくれて。。。
最後は自分をばかにしていたおおきなカブトムシを
たすけることに。。。!
小さくたって弱くたって
いっぱい努力すれば力持ちになれる
勇気と優しさを教えてくれるストーリーです。
(きみたまさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


みうらし〜まるさんのその他の作品

ウポポ ウポポポ ポタージュスープ / ぼく、うまれたよ / うんぽっとん



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

かぶとん

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット