マスク マスク
作: 福井 智 絵: 林 なつこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
自分じゃ気がつけない、すてきなところ【絵本テキスト大賞受賞作】
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
りゅうのぼうや
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

りゅうのぼうや

  • 絵本
作: 富安 陽子
絵: 早川 純子
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「りゅうのぼうや」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年07月30日
ISBN: 9784333025497

23×25cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

富安陽子さんと早川純子さんと竜。
この組み合わせだけでもワクワクせずにはいられません。
一体どんなお話が待っているのでしょう、どんな竜の姿が見られるのでしょう。

物語は、竜のぼうやが生まれる美しい満月の夜から始まります。
雲の巣の中で温めていたたまごにひびが入り、やがて殻が割れると、中から小さな小さな竜の赤ちゃんが出てきました。
生まれたての竜のぼうやは、月にむかって「シャーッ」とほえます。
おかあさんは、自分の体のとぐろで眠るぼうやを優しく優しくなめてやります。

ああ、なんて小さなぼうや。
そして、なんて大きなおかあさんなのでしょう。

一つ朝が明けるごとに、どんどん成長していくぼうや。少しずつ空も飛べるようになります。
ところがある晩、目を覚ましたぼうやは不思議なものを見たのです。
それははるか遠くに明るく輝く街の灯りだったのですが・・・。

私達のいる地上からはるか遠く空の上で、ぼうやを育てる竜のおかあさん。
そのやわらかな文章のせいでしょうか、その雄大な絵のせいでしょうか。
竜と聞いて想像するよりも、ずっとずっとゆったりとして優しい世界が広がっているのに驚かされます。
心地よくその物語へと入っていけるのです。
ちびなぼうやの可愛らしさ、儚げな様子といったら!
それを包み込むおかあさんのどこまでも大きな愛情の力強さといったら!!
ぎろりとした目、立派なつの、鋭い牙と爪。その姿が画面からはみ出るほどの迫力で描かれているのに、同時にあたたかいものを感じさせてしまう早川さんの絵の力に脱帽してしまうのです。
読み終えた後、何とも言えない幸福感に涙が出そうになりました。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

りゅうのぼうや

りゅうのぼうや

出版社からの紹介

ある満月の夜にうまれた、竜のぼうや。少しずつ、空を飛ぶ楽しさを知ったぼうやが、
ある晩、お母さんのとぐろからそっと抜け出して見たものは、星よりも明るく輝く街の
灯りでした……。
愛情深い竜の姿に心打たれる作品です。やわらかな言葉で綴られた富安陽子さんの文章が
心地よく作品世界に誘ってくれます。その世界を壮大なスケールで描いた早川純子さんの
竜は今までになかった、新しい魅力に溢れています。

ベストレビュー

昔話みたい

りゅうのおかあさんとぼうやのおはなし

りゅうもたまごから生まれるんですね?
「シャーッ」って吠えるんだ・・・

墨絵のような雰囲気で
青、光の黄色がとても鮮やかに感じます

好奇心から
迷子・・・それもかなりの!!
心配になります

でも、そこは、りゅう なんですねぇ

昔話のような雰囲気で
最後は、安心します

竜の絵の迫力とともに
やさしさ、愛情も感じます
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


富安 陽子さんのその他の作品

オニのサラリーマン しゅっちょうはつらいよ / サラとピンキー パリへ行く / スギナ屋敷のオバケさん オバケとキツネの術くらべ / 天の川のラーメン屋 / シノダ!(10) 指きりは魔法のはじまり / もとこども

早川 純子さんのその他の作品

日本の神話 古事記えほん【五】 国づくりのはなし〜オオクニヌシとスクナビコナ〜 / 十二支のおもちつき / ゲーゲー ピーピー おなかのびょうき / いえのなかの かみさま / もしかして ぼくは / ミミとおとうさんのハッピー・バースデー



『はみがきれっしゃ』『パジャマでぽん!』くぼまちこさんインタビュー

りゅうのぼうや

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット