ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
もうお気に入りのカレンダーは購入済みですか?【2017カレンダー】
津波をこえたひまわりさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

津波をこえたひまわりさん

  • 児童書
文: 今関 信子
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年07月15日
ISBN: 9784333025466

小学校中学年から
22×16cm 128ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

宮城県北東部の海に浮かぶ大島。津波で孤立した島を救ったのは、小さな連絡船「ひまわり」だった――。
「ひまわり」が大津波を乗りこえたエピソードは、国内外のメディアから多数取り上げられ、話題となりました。
その船の持ち主、菅原進さんが島のみんなのために奮闘する姿を通し、大震災の深い爪痕から復興の光を見出すまでを描いた一冊です。

ベストレビュー

あの津波に咲いたひまわり

あの大災害は、あの悲惨な事実は、悲しみを込めながら、しずかな定型体となり、絆という言葉や再生という言葉や復興というフレーズに固められようとしてきているように思います。
あの大災害は自然の驚異の下にあったのに、同時に発生した原発事故が、政策や経済や将来への構想やらの問題を追加して、いつの間にかあの災害より大きな問題となろうとしています。
なんだか、過去形になったり、型にはめられようとしている中で、あの時さまざまなドラマがあったことを知ることは、とても貴重な事実確認だと思います。
このひまわりさんは、あの大津波を乗り越えた勇気と、島の混乱を助けた魂と、くじけることない強さを教えてくれました。
災害の悲惨を読み続けてきた私にとって、まさに「ひまわり」です。
悲しみは未来形ではなく、希望こそが未来形なのです。
そして根底に流れる、菅原さんの生き様に、感嘆しました。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


今関 信子さんのその他の作品

弥生人の心にタッチ!開いたタイムカプセル「下之郷遺跡」 / 永遠に捨てない服が着たい / 琵琶湖のカルテ / 命をつなぐ250キロメートル ―抱きしめてBIWAKO / こちら「110番動物園」 / 大型紙しばい いちどとまってみぎひだり



ねえ、「コワイ」って、もってる?

津波をこえたひまわりさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット