おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
【ギフトにオススメ】フレデリックのマスコットが付いた、可愛すぎるソックスが新登場♪
大統領ジェファソンの子どもたち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

大統領ジェファソンの子どもたち


出版社: 晶文社

本体価格: ¥2,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「大統領ジェファソンの子どもたち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

アメリカの第3代大統領で、独立宣言の起草者として尊敬されるトマス・ジェファソン。彼には妻との家族のほかに黒人奴隷との間に7人の子どもがいた…。アメリカの自由の歴史を作った「建国の父」の家族の物語。

ベストレビュー

アメリカの人種問題が浮かび上がってくる

アメリカの三代大統領トマス・ジェファソン。ジェファソンには、正妻の他に奴隷のサリーとの間に七人の子どもがいました。

ジェファソンの存命中からその噂はあったようです。政敵が流した噂なのか、スキャンダルなのか?

その噂はサリーの子孫がDNA鑑定をしたことで確定されました。

この本は、サリーの子孫が、ジェファソンとサリーの子孫の両方にインタビューによって構成されています。

事実を受け入れるようとする人、しない人、いろいろな立場から語られたインタビューを読むうちに、奴隷制度があったアメリカの人種問題がそのまま浮かび上がってくるような気がしました。

黒人として生きる、白人として生きる、自らのアイデンティティをどこに求めて生きて行くのか。

「ルーツ」というドラマがありましたが、正にルーツをたどる旅でした。

日本に住んでいると見えにくい問題ですが、知られざる歴史をまた一つ知った気がしました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子10歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。



絵本に登場した「クスノキ」に会いに行ってきました!

大統領ジェファソンの子どもたち

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット