雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ぼくはここで、大きくなった
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくはここで、大きくなった

  • 絵本
作: アンヌ・クロザ
訳: こだましおり
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「ぼくはここで、大きくなった」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年06月26日
ISBN: 9784890139330

B5変 22.0×18.2cm
48ページ

出版社からの紹介

「科学の本」賞受賞のすばらしく美しく、洗練された絵本。

ベストレビュー

りんごの木だったの  

科学の本のようでもあり でも ちゃんとストーリーがあって 自然の輪廻を伝えてくれます
ぼくはここでおおきくなった  たまたまね
はじめの言葉がすごく詩的で 大きな黒い物体が くぼみに  季節は?  秋になるととありますから 夏?
落ち葉が お布団代わりになってあたたかく守ってくれます雪が降り雪の結晶がきれいです
デザインのような絵の描き方で  かわいいのです
ああ 種だったのですね 春になり 芽が出て たねのカラがとれて  双葉から本葉に   夏 雷が鳴りかぜと 大雨その描き方がおもしろい
木は 雨に曲げられてそれでも 生命力があって 上へ上へ伸びていくのです
かたつむりのレイモン   ちゃんと名前があるのも おもしろいです
だれかが ぶつかった 赤い水玉の長靴です
葉っぱの上に アブラムシがたくさん でもテントウムシが食べてくれました
天敵がちゃんといて 自然の摂理が 成り立っているのを すらりと表現されていて
キツツキはずっと ぼくといっしょだった  春 夏 秋 冬・・・・・

[ぼくはここで、 大きくなっ]た なんだ りんごの木だったんだ ・・・

生命を伝える 絵本です さらりときれいに伝えられています
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アンヌ・クロザさんのその他の作品

みずたまのたび

こだましおりさんのその他の作品

湖の騎士ランスロット / イカロスの夢 / アリ・ババと40人の盗賊 / リタとナントカのおきゃくさま / リタとナントカのピクニック / リタとナントカのおかいもの



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

ぼくはここで、大きくなった

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット