となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
岩波少年文庫 エーミルとクリスマスのごちそう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波少年文庫 エーミルとクリスマスのごちそう

  • 児童書
作: アストリッド・リンドグレーン
訳: 石井 登志子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥640 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年06月15日
ISBN: 9784001142112

小学2.3年から
小B6判・並製
カバー・220頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

エーミルは、とってもいい子なのですが、あいかわらずいたずらばかり。
お父さんの指をねずみとりではさんでしまうし、
市長さんのパーティーに馬でのりこんで大さわぎをまきおこします。
そんなエーミルが、かわいそうなお年寄りのために、クリスマスにくわだてたこととは……。
「エーミル」シリーズ2作目。

ベストレビュー

何度も読みたくなる本です

6歳の長男が一人で挑戦できそうな本を探していて、まずは自分で読んでみました。

いたずらをしているつもりはないのに、なぜかいたずらになってしまうエーミルの数々の行いが日記風に書かれています。

クリスマスにも彼の親切心から大事件が起こります。児童書がこんなに面白かったのかと目から鱗でした。通勤電車で読んで吹き出してしまいそうになって困るほどでした。お勧めです。息子にもこの本の中のエーミルと同じ年頃(小学校にあがる前)に読んでほしいと思いました。もちろん読み聞かせでも良いと思います。
(さみはさみさん 40代・ママ 男の子6歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アストリッド・リンドグレーンさんのその他の作品

ひみつのいもうと / こんにちは、いたずらっ子エーミル / ポプラ世界名作童話(8) 長くつしたのピッピ / 暴力は絶対だめ! / ピッピ、お買い物にいく / リンドグレーンと少女サラ 秘密の往復書簡

石井 登志子さんのその他の作品

雪のおしろへいったウッレ / わたしもがっこうにいきたいな / 岩波少年文庫 エーミルの大すきな友だち / 岩波少年文庫 エーミルはいたずらっ子 / ぼくもおにいちゃんになりたいな / 岩波少年文庫 川のほとりのおもしろ荘



好評につき第2弾!23人の絵本作家からの手紙

岩波少年文庫 エーミルとクリスマスのごちそう

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット