バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
【夏を楽しむページ】ひゅ〜どんどこ!絵本ナビの夏祭り2017
ファーブルの夏ものがたり −『昆虫記』の誕生−
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ファーブルの夏ものがたり −『昆虫記』の誕生−

  • 児童書
作: マーガレット・J・アンダーソン
絵: マリー・ル・グラテン・キース
訳: 千葉 茂樹
出版社: くもん出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1998年06月
ISBN: 9784774302423

小学中級以上
たて19.5cm×よこ13.5cm 四六判
168ページ

出版社からの紹介

昆虫学者ファーブルの息子ポールが、助手になって昆虫たちを大研究!
ぼくの父さんは、有名な昆虫学者なんだ、いつも虫を研究してる。
ぼくの名前はポール。父さんの助手なんだ。ぼくには虫さがしの才能があるんだ、本当だよ。
いつも父さんはぼくを連れて実験に出かける。今日はいったいどんな虫に出会えるんだろう?
『ファーブル昆虫記』で有名なアンリ・ファーブル。その息子ポールを語り手にし、虫たちの
神秘的な生態やファーブルのおこなったさまざまな実験を、生き生きと魅力たっぷりに描いた
新しい『ファーブル昆虫記』です。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


千葉 茂樹さんのその他の作品

甲虫のはなし / こうえん / どれがいちばんすき? / ジャック・ロンドン ショートセレクション世界が若かったころ / スピニー通りの秘密の絵 / シャクルトンの大漂流



いのちはどこへ行く?チェコの美しい風景を旅する葉っぱの物語

ファーブルの夏ものがたり −『昆虫記』の誕生−

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット