ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
【0歳のあの子へ】赤ちゃんは絵本が大好き!目や耳でめいっぱい楽しんでくれますよ。「0歳向け絵本セット」
チョウスケとおつきさま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

チョウスケとおつきさま

作: 劉郷英
絵: 張治清
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥362 +税

「チョウスケとおつきさま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年10月

対象年齢 4才から5才向き

出版社からの紹介

満月の夜、こぐまのチョウスケが散歩にでかけると池にもうひとつ月がありました。家に持って帰り、お月見をしようと池の中に入り、すくい取ろうとします。しかし何度やってもすくうことができません。そこでかごを持ってきてすくいますが、やはりすくうことができません。今度はおけをもってきてやってみると……。

ベストレビュー

チョウスケにエールを送りたくなります

こぐまのチョウスケが、池に映ったお月様を何とか家にもって帰ろうとします。
最初は手ですくおうとして、次はざるで、最後が桶!
一生懸命考えて、何とか家に持って帰ろうとするところがすごいです。
考え付くところもすごいですが・・・。

持って帰っても、家の中に入るとお月様は消えてしまいます。
このところが子どもは大好きで、お風呂で、まねをします。
桶ではなく洗面器に水を汲んで、
「あ、消えちゃった。また出てきた〜!」とまねっこをして大騒ぎ。

うちの子も、チョウスケと同じで、池に映っているお月様、何でなのかわからないんですよね。
でも、そうやって純粋に思えるところも素敵だな、って思います。
前作に比べてちょっとは成長していると思われるチョウスケに、エールを送りたい気分です。
(れんげKさん 30代・ママ 男の子5歳、男の子5歳)

出版社おすすめ


劉郷英さんのその他の作品

チョウスケと とりのひな / こぐまのチョウスケ / ヨウヨウとルウルウのとうもろこし



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

チョウスケとおつきさま

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット