ぼくはかさ ぼくはかさ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ぼくはかさ。たろうちゃんのおきにいりのかさだよ。だけど、このごろたろうちゃんは、おばけにばかりむちゅう。そうだ、ぼくも「かさばけ」になろう!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ロス、きみを送る旅
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ロス、きみを送る旅

  • 児童書
作: キース・グレイ
訳: 野沢佳織
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年03月
ISBN: 9784198633790

判型/仕様: B6判ハードカバー

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

十五歳の少年ブレイク・ジム・ケニーは、親友ロスが交通事故で死んだことを受け入れられないでいた。
葬式は心のこもらない形ばかりのものに思えたし、おまけに警察が自殺かもしれないなんていいだした。
あいつのことを本当にわかっているのはぼくたちだけだーー。
三人は、遺灰の入った壷をリュックに入れ、ロスが「自分と同じ名前だから」と行きたがっていた、北の海辺の小さな町「ロス」を目ざす。
それがあいつの「本当の葬式」になるはずだから。
もちろん悲しいけれど、三人でトラブルをのりこえながら行く旅は、充実して楽しい気がした。
ここにロスがいないことだけが残念だ……。
ところが、やっとのことで警察の目をかいくぐり、目的地まであと少しというところで、それぞれがだまっていた事実が明らかになるーー。
イギリス気鋭の作家が、少年たちの痛くて熱く繊細な友情を、あざやかに描く青春物語。
2009年カーネギー賞最終候補作。

ベストレビュー

友情と…

亡くなったロスのために3人の親友が立ち上がる!?
ロスの遺灰を持ち去って旅に出るなんて。そしてハプニングの連続!
テーマは友情と…。
「死んでしまったら何も起こらない」その通りだと思います。
旅をしているうちに次々とわかる事実にびっくりしてしまいました。
ちょっと考えてしまいますね。
ロスの死因は交通事故なのか、それとも自殺なのか…?
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子5歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

キース・グレイさんのその他の作品

絶体絶命27時間! / ジェイミーが消えた庭 / 家出の日

野沢 佳織さんのその他の作品

凍てつく海のむこうに / 子どものための美術史 世界の偉大な絵画と彫刻 / 夢を追いかける起業家たち / ウェストール短編集 遠い日の呼び声 / 真夜中の動物園 / 灰色の地平線のかなたに



医学博士/脳科学者・加藤俊徳さん インタビュー

ロス、きみを送る旅

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット