うまはかける うまはかける うまはかけるの試し読みができます!
文: 内田 麟太郎 絵: 山村 浩二  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ナンセンス絵本の決定版!
ヒラP21さん 60代・パパ

いろんな「かける」
「うまは駆ける」、「うま歯欠ける」と言…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ひとりぼっちの白い子ラクダ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひとりぼっちの白い子ラクダ

作: Ts.ホンゴル
絵: Sh.ガンボルド
出版社: ネット武蔵野

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ひとりぼっちの白い子ラクダ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

お母さんに会いたい!
広い大地を強く生き抜く子ラクダ物語。
モンゴルの遊牧民の間で、代々語り継がれてきた民話です。
新進気鋭の画家Sh.ガンボルドが描いたこの絵本は、2003年、モンゴルの絵本コンクールで最優秀賞を受賞しました。

ひとりぼっちの白い子ラクダ

ベストレビュー

大迫力です

字の読めない息子が、表紙のかわいいラクダの姿に魅かれたのでしょうか、図書館で選んだ1冊です。

この本は、モンゴルの民話です。子どものラクダが、離れ離れになったおかあさんラクダを探しにでかけます。そこには、たくさんの試練が待ち受けています。赤い海や赤い岩(広大で、大陸のスケールの広さを感じます。)などにであうと、そこにいる動物たちが、子どものラクダを助けて道をつくってくれるのです。母を求める子の気持ちを、どの動物も理解し、くんでくれるんですね。

ぺージをめくるたびに次はどうなるの?と話の展開が知りたくなるほど、絵がよい意味で強烈です。印象に残ります。絵と文字が一つになって強いパワーをもち、子どものラクダを応援したくなるような気持ちに読み手をさせているのでは。

息子のおかげ(?)で、よい本に出合えたと思います。

(けいご!さん 30代・ママ 女の子8歳、男の子4歳)

この作品を紹介しているサイトを見る >>> ユウchan「ひとりぼっちの白い子ラクダ」

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。



「ろっぺいブックス はじめてのえほん」刊行記念インタビュー

ひとりぼっちの白い子ラクダ

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット