30000このすいか 30000このすいか 30000このすいかの試し読みができます!
作: あき びんご  出版社: くもん出版
ある夜のこと。30000このすいかが「食べられてはたまらん!」と畑から逃げ出した! すいかたちの脱走劇の結末はいかに!?
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
トイレたんけんたい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

トイレたんけんたい

  • 絵本
作: おだしんいちろう
絵: こばようこ
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「トイレたんけんたい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年07月18日
ISBN: 9784577040430

3歳から
23×23cm 24ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

ぼくがトイレに行くために結成した「トイレたんけんたい」。
隊員は親友のドラゴン、にんぎょうのあいちゃん、きいろバケツくん。なかなか立派なものです。
ぼくは赤ちゃんじゃないんだから一人で行かなくちゃね。
ところで家の中のトイレ、そんなに遠いの?
一大決心して出発した一行。怪獣の横を気が付かれない様に通り抜け、真っ暗な洞窟を抜け、島にたどりつき、やっとその先に見えたのは・・・。

最後に載っている家の見取り図を見れば、なんだ、最初の出発地点からトイレまではこんなに近い!
でもでも、ぼくの気持ち、よくわかります。
ちょっとしたことで家の中のトイレって急に苦手な場所になっちゃうものなんです。
電気をつけるまで暗い、鏡がある、絵が怖い、離れている。あ、あとおばけが出てくる絵本を読んだ後もね。トイレへの出発にはなかなか固い決心がいるものです。
だけど子どもは天才です。
どんなところだって探検しちゃうし、大冒険にしちゃいます。
こんな風に弱い心と戦っているのかと思うと、愛らしくもあり、頼もしくもありますね、
そしてトイレが終わった後は自分の部屋へ一目散。あと5〜6回は探検が必要かな(笑)。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

トイレが怖い男の子。ある日、お気に入りのぬいぐるみや人形とともに”トイレたんけんたい”を
結成し、意を決して「ひとりでトイレ」にチャレンジします。
さあ、どんな冒険が待っているのでしょう?

ベストレビュー

かわいい冒険のお話

トイレにひとりで行くのが怖い男の子は、自分のおもちゃやぬいぐるみと一緒に探検隊を作って、トイレまで冒険します。小さな小さな冒険のお話です。

子どもの頃、真っ暗な二階に行くのも、夜中に一回に降りてくるのもとても怖かったなと思い出しました。なにもないところも顔に見えたり、誰かいるように感じたりして、ドキドキしたものです。
子どもが読むと、自分もそういう状況のとき、おもちゃの仲間たちと一緒に頑張ってみようと思うのかな。
ちょっとしたしかけ絵本になっています。

(じっこさん 30代・ママ 女の子5歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


おだしんいちろうさんのその他の作品

おひるねけん / いもほり コロッケ / タイムカプセル / おうじょマーガリンと おばけのこ / ちいさなそうじきトルトル1号 / タルトくんとケーキのたね

こばようこさんのその他の作品

3つのぼうけん いっすんぼうし ジャックとまめの木 シンドバッドのぼうけん / にっこりおすしとわさびくん / 一日だけうさぎ / スプーン王子のぼうけん / はじめての手づくり科学あそび(3) かぜ・くうき・みずであそぼ / はじめての手づくり科学あそび(2) ひかり・かげ・おとであそぼ



双子のももちゃんとはなちゃんがくりひろげる、たのしい世界!

トイレたんけんたい

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット